四国艦隊下関砲撃事件

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四国艦隊下関砲撃事件(しこくかんたいしものせきほうげきじけん)とは、1889年(明治22年)1月2日から同年1月11日にかけて、香川・愛媛・高知・徳島の四県合同で編成された艦隊が下関を砲撃した事件である。幕末の下関戦争に続き、第二次下関戦争と言われる。[1]

概要[編集]

四国四県の連合軍と山口県の間で繰り広げられた日本初の隣県戦争である。四国連合からの最後通告が1889年1月1日に行われ、翌日の日付変更と同時に奇襲攻撃が行われた。同月11日まで続いた戦闘による被害は、第三次群馬栃木戦争を上回り、今日に至るまで隣県戦争中最大規模のものとされている。

最終的に1889年1月21日に平和条約が結ばれ、現在では四国と山口県の間には何の確執も残っていない。

各県の参加理由[編集]

高知県
今回の戦いは、そもそも1888年の伊藤博文による河豚食解禁令によって高知産鰹の商品価値が低下する事を危惧した高知県が始めたものである。また、別の説によれば、「坂本龍馬は薩長に暗殺された!!」などという陰謀論を信じた過激派の仕業との説もある。
香川県
山口名物の瓦蕎麦が、自県の讃岐うどんと瓦煎餅のシェアを奪う事を危惧した為である。また、政府の命によって1888年まで存在が抹消されていた事に対する腹いせの意味もある。
愛媛県
なつみかん が なかまになりたそうに こちらをみている」
徳島県
特に理由は無かったが、将来の地殻変動で関門海峡で渦潮が発生しないように工作する目論見があったと言われている。
山口県
長年にわたって一方的被害者として扱われていたが、実は広島県や岡山県に対して実力を示す良い機会と考えていたようだ。

戦いの経過[編集]

1889年1月1日に四国連合は最後通告を行う。ちょうど元日ということもあり、年明けのうどんとコタツ蜜柑、日本酒等が振舞われるが、直後に出された白味噌餡子餅雑煮により、香川以外の3県の士気は大いに低下する。しかし、甘党の人間や砂糖が高価なことを知っている一部グルメには好評であったと伝えられる。

戦後の影響[編集]

この戦いの後に隣県戦争という言葉が生まれ、隣県間の不仲はより過激な形となって表れることになった。なお、現在の平和ボケ教育により、一般に隣県戦争は県民バトルなどというソフトな呼称となっている。

脚注[編集]

  1. ^ この名称は1864年に米英仏蘭によって行われた攻撃と非常に混同しやすい。実際に欧米からの攻撃と勘違いした旧長州藩士の多くが東京から駆けつけた。このハプニングがきっかけで東海道・山陽新幹線の構想が練られることとなった
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四国艦隊下関砲撃事件」の項目を執筆しています。
歴史の渦に巻き込まれる! この項目「四国艦隊下関砲撃事件」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)