団塊世代の退職問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

団塊世代の退職問題とは、2007年から団塊の世代が定年退職の時期を迎え、そのことにより日本のフーゾク店に閑古鳥が鳴くことが懸念される問題である。

団塊世代と他の世代との比較[編集]

団塊世代とは、戦後すぐのベビーブームの時代に生まれた世代で、仕事もよくするが性欲も旺盛で、日本経済及び日本のフーゾク業を支えてきた。しかし、彼らが年金生活に入ることで、フーゾクに費やす金は激減し、世界的にも有名な日本のフーゾク業が衰退するのではないかと言われている。

これに対し、団塊世代より後の世代はどうかというと、団塊の延長線上の「ポスト団塊世代」はまだしも、ポスト団塊世代よりも後の「新人類」はバブル期に金も性欲も使い果たして現在はスッカラカンであり、その下の「氷河期世代」にいたっては、雇用が不安定で、フーゾクで高い金を払うよりも2600円の写真集や3900円のDVDで検閲により削除して満足する傾向があり、それよりも貧しいものはコンビニの300円か500円の雑誌がせいぜいで、生涯で身に付けた一番のスキルは袋とじをキレイに破る方法であったりするので全く期待できない。

団塊世代の退職問題に対する対策[編集]

自民党と連立与党を組む公明党は、団塊の世代全員に風俗の無料チケットを配布する地域振興券政策を標榜している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2007年問題」の項目を執筆しています。