国道43号

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国道43号」の項目を執筆しています。

国道43号線(こくどう43ごうせん)とは、大阪府大阪市西成区から兵庫県の南部を通る日本が43番目に作った悲しい歴史を持つ国道。全長30km。通称西宮市ベルリンの壁

道路の一部

概要[編集]

この国道の建設のため兵庫県南部に位置する西宮市は、資本主義北部と、スターリン統治でブラジルの法律を採用する南部に分断されてしまうこととなった。

その後、スターリンの指揮していた南部は貧しく、国道建設当初は道を渡って北部に逃げようとした者も多かったが、頻繁に通過する大型トラックによる猛毒排気ガスと憲兵の厳しい監視のために道を渡ることは難しく、大型トラックに轢かれてしまうものも多かったという。

通行する大型トラックは、南部にあるミサイル工場にプルトニウムを輸送するものが多い。トラックのマフラーから噴出される排気ガスは猛毒であることが知られ、肺に入り込むとエボラ出血熱にも似た症状を引き起す。これらより西宮市だけでなく、尼崎市芦屋市神戸市と広範囲の住民にとって国道43号線を渡ることはギャンブルであり、尼崎の若い男たちは“一種の度胸試し”といった感覚でこの道を渡るという。また尼崎から神戸の国道43号線が“日本の鉄のカーテンと形容されていることはあまり有名ではない。

なお、国道43号線によって南北に分断されたのは西宮だけであり、この大きな理由は南部にある甲子園球場にあると推測されている。同時にこのことはスターリン阪神タイガースファンという公式を連想させるが、このことはスターリンのいない現在では謎である。ゴルバチョフペレストロイカ以降、南部住民が北部へと逃れる数は激減している。

実際のベルリンの壁とは違いいまだ崩壊しておらず、西宮の南北両市民、特に北中部の市民は南部からの難民流入で治安が悪化するのを嫌悪し、存続を望んでいるのではないかとも指摘されている。北部は過疎地帯なのでどうでも良い。

関連項目[編集]