国鉄583系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国鉄583系電車」の項目を執筆しています。

国鉄583系電車(こくてつごっぱーさん(ごはさん)けいでんしゃ)とは、高度経済成長期あたりに登場した特急車両である。昼は特急、夜は寝台特急として使えるかなりセコい電車。改造をされて普通電車としても使われた。当時の世の中を反映したためにこき使われ、ボロボロになっていった可哀想な子である。

概要[編集]

JR発足時に車両につけられたマーク

1967年に581系が登場し、翌年に583系が登場した。ここらへんの細かいところは頭の硬い方に任せるとして割愛する。

この車両は日本で、というか世界で初の(多分)昼夜兼用寝台電車である。何がいいたいかというと、昼間は座席に客を座らせて走り、夜はベッドに客を寝かせて走るという非常に便利な車両であった。昼も夜も走れて、更に「電化区間ならどこでも走れる」をモットーとして開発されたために日本全国の電化された国鉄路線ならばどこでも走れるという、まさにエリートのできる子であった。

昼でも夜でも使える、しかも電車で速いと素晴らしい車両であったため、あっという間に全国に広がっていった。まさに583系は特急列車のエースになった。…のだが、当時は車両が足りていなかったために、まさに「24時間働け」と言わんばかりの酷使を受けた。風邪をひいたり過労死したりすることが多くなり、病院で苦しんだ後安楽死させられるなどして今や殆ど残っていない、なんとも可哀想な運命を辿っていった。

大半が楽になったが、もったいない精神で国鉄はこの頃寝台列車を食パンに改造した。 このほど賞味期限が切れたため、廃棄作業が進められ、現在はすべて重機の餌になっている。

栄光の過去[編集]

上記の通り、昼も夜も走れる、電化区間ならどこでも走れる、しかも座席も寝台にもなるという超万能車両だったために瞬く間に全国に広がっていった。西は鹿児島、北 は青森とまさに全国を走る列車となっていった。

昼でも夜でもいつでも使える、最高速度は120km/hということで、日本全国で一日中全力で爆走する姿を見ることが出来た。

衰退[編集]

しかしながら、栄光を誇った583系も徐々に衰退の一途を辿った。以下のことが理由とされている。

座席と寝台を切り替えるのが面倒
座席にも寝台にもなる、という利点はあるが切り替えには非常に面倒な作業が必要となる。一部ではセルフ車掌にヒントを得て「セルフ作業要員」としてボランティア作業に携わる知識人もいたが、普及には至らなかった。
過酷な労働状況
昼も夜も使えるということは、逆に言えば昼夜問わず働かされているということである。通常の車両が昼だけ走っているということを考えると、普通の二倍は働いていることになる。これでは過労によって倒れたり、過労死したりするのは当然のことである。
どっちつかず
昼も夜も走れるということだが、それはどっちつかずということでもある。時代が進むにつれて昼走るには少々微妙な車内設備、夜走るにも同じく微妙と、仕事に追われて時代に乗り遅れていった。
重い
メタボ仕様故に電気をバクバクと食らい、走行の衝撃でレールを粉砕する、衝撃波が凄いなどろくなことがなかった。

このような理由で鉄道会社の暗躍により徐々に数を減らし、現在では一桁にまで数を減らしてしまった。

現状[編集]

凄惨な労働状況により多くが抹殺され、運良く生き残った数編成も既に死去されている。

関連項目[編集]


この「国鉄583系電車」は、廃線の危機にあります。存続して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)