土 (食材)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「土 (食材)」の項目を執筆しています。

とは、2006年明治製菓が「カカオ99%」として販売を開始した食材である。原料はその名のとおりカカオである。もっとも、残りの1%は、どう考えても土であるため、この項目ではこの製品を土1%と記載する。

概要[編集]

土1%とは2006年明治製菓が発売したチョコレート状の物体、もしくは一応食べても毒ではないけれど、おおよそ人間の食材とは思えない存在の総称である。屋外での活動の際、特にスポーツなどで無意識に食することの多い、もしくはなどとは違い、明治製菓が開発した土は、実際に食することを目的としたものあり、主成分のカカオはそのままチョコレートの材料にもなるちゃんとした食材である。

使用方法[編集]

一般的に流通に乗って販売されている土は、主として園芸用、もしくは土木工事用として知られており、野菜といった植物を育てるために使用されたり、砂地などの場所に埋設するために販売されている。しかし、その中にはわずかながらも食用とされる土が含まれており、それらは主に眠気覚ましや、もしくはを試すために使用されている。

あわせて、2006年当初は食品として扱われていた明治製菓の土は、その後、医薬品として取り扱われ、厳重に管理されることになる。これは、大人向けという宣伝文句を用意したにもかかわらず、子供たちに与えてしまう事例と、ひとかけら口にした後、残りの90%の取り扱いに苦慮する事例が多発したためである。無論、愛を試された側の苦情も含まれる。

実際、この土を食した者の多くが人生で感じたことのない苦味を感じることで知られている。ただし、それに比類する苦味を有しているものもわずかながら存在し、石炭や炭と化した焼き魚など、おおよそ食材とは言いがたいものを口内に含むのと、土1%を口内にてまろやかに溶かす感触がほぼ同じであるといわれている。そのため、あわてて吐き出してなどで洗い流してもいつまでも口腔内に苦味が残ることも同じであり、当分の間何も食べたくなくなることも同じである。そのため、これはバレンタイン撲滅を狙う悪の組織が明治製菓を騙して制作させた存在。実際、土1%を食べた後、チョコレートを食べるには、相当な勇気が必要になる。

なお、カフェイン中毒者にとっては、土1%がおいしいと感じることもあるらしい。けれども、一般的な人間の味覚からすれば、それは拷問以外の何物でもない。

土を食う[編集]

なお、一般的な哺乳類の中には、定期的に土を食べる種が存在している。特に有名な事例として、アフリカではチンパンジーミネラルを多く含んだ土を食べることで知られており、通常の生活では体内に入ることのない亜鉛といった栄養を土を直接食べることで体内に吸収したり、また人間においても毒ではない土を食することで食物が少ない時期を乗り切る文化を有する場所がいくつかある。実際、2000年代において大地震に襲われたハイチでは土で作られたクッキーが人々の安価な食材となっていた。

また、他にも異食症と呼ばれる病気に罹患した人々の中に、土を食べる症例がある。この病気は一般的には妊娠、出産を経て体内のミネラルバランスがおかしくなった結果、土を食べるようになるのではないかという話である。なお、カカオ99%土1%については、一般的な土よりも栄養素が豊富であり、しかも土には含まれない脂質が豊富で、味が土であること以外は食品として扱ってもおかしくはない栄養バランスとなっている。もちろん、味が土なので食品として扱うのがおかしいのであるのだけれども。

被害者の声[編集]

なお、2013年現在でも、インターネット上で食べられる土としての土1%購入者の声が残されており、「どうしても消費しきれない」「箱買いしてしまったまま数年が経過」といった嘆きがそこかしこで聞こえてくる。幸いなことに、世の中にはこういった医薬品、もしくは兵器、なかんずく園芸用品を原材料として使用する料理が存在しており、なんとしてでも食品として扱いたい人々に光明を与えている。

けれども、多く被害者たちが何とかしてこの医薬品を消費しようと模索している中、もっとも無難かつ賛同を得た話が「カカオ99%と別のチョコレートを一緒に食べる」だった件については見なかったことにしたい。とりあえず、ほとんどの原料がカカオであるため、大量の砂糖と一緒に煮込むだけでココアになる。そのことが、唯一の消費方法といえる。

ちなみに、チョコと一緒にを食べるのなら、普通にチョコだけ食べたほうがよりおいしいという厳然たる事実が存在する。

カレーVs土1%[編集]

なお、一部のブログではカレーにこの兵器を投入するという実験データが残されており、あの、すべての食材を包み込んで食えるようにするカレーですら、一定量を超えた土1%の威力の前にはひれ伏すことが判明している。無論、少量であればちょっと苦いだけのカレーであるのだけれど、1枚まるごと投入した結果、鍋一杯分の劇物が誕生したとの報告も存在している。そのため、決して安易な気持ちでこの兵器を扱ってはいけないことだけは確かである。

成分を土とする根拠[編集]

冒頭において、どう考えても残りの1%は土であると記したが、それには確固たる理由が存在する。国民生活センターが行った調査から、本製品にはカドミウムニッケルといった金属が含まれていることが判明した。五行思想の土生金の原理を持ち出すまでもなく、金属が含まれている以上土が入っていると考えてよいだろう。

ちなみに[編集]

なお、明治製菓が扉を開けた食べられる土について、実際に厚生労働省から注意喚起がなされている。けれども、その内容は高脂質でありカフェイン量が多いといった、主に子供向けではない点への注意が主であり、別に販売を禁止されているわけではない。まったく、ない。けれども、なぜだか明治製菓は販売を自粛。カカオ95%という、土成分を一切排除したチョコレートを製品化している。そのため、このカカオを原料として生成された土は、もう一方の雄である高級チョコブランドのリンツの製品しか販売されていない。あわせて、リンツでも専用ページにおいて、ちゃんと購入の際にはカカオ成分が少ないチョコレートを試してから、という注意書きが記されている。

なお、どうしても試してみたいという方がいらっしゃいましたら、コーヒー豆をかじるか、ドリップコーヒーを粉薬のように飲み込むことで十分に同じ感覚が味わえます。口の中がざらっざらになる感触もほぼ同じです。また、それほどでもない、ある程度抑制された刺激を楽しみたい方は、ミロの粉をなめるようにコーヒーの粉をなめるだけで、似たような刺激を味わうことが可能です。

関連項目[編集]