地上デジタルテレビ放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地上デジタルテレビ放送」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「地上デジタルテレビ放送」は何故か「地上波デジタル放送」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

地上デジタルテレビ放送(ちじょうデジタルテレビほうそう、英語:Digital Terrestrial Television Broadcasting、略称:地デジ)とは、自民党政権時にIT革命(イット革命)と共に打ち出した経済政策である。

概要[編集]

日本はかつて、地上アナログ放送なる映像方式が主流であったが、経済が停滞していた中、自民党政権時に総務省を中心として、地上デジタル放送に強制移行したら、高画質のテレビが売れるのではないかと昭和初期的なアイディアを出した。テレビはまさに国民の最大の道楽である。一部のネットユーザはテレビは面白くなくなった等、テレビは廃棄した等といっているが、すべて貧困層がNHKの料金を支払いたくがないために言っている嘘であり、実際問題、日本の世帯の多くがテレビを有しており、そのうち、自分の部屋にテレビがある等といった自分専用のテレビを有している国民も多い。

そこに目をつけた経済産業省は、「開いたアナログ帯域を交通システムや警報装置等、安全な社会を作るため」という理由でアナログ放送を廃止し、国民負担の下、地上デジタル放送へと強制的に移行させることにした。しかし実際はアナログ帯域はNOTTV等、新しいテレビ放送局に使われていたりする。

経済効果[編集]

初期の経済効果[編集]

地上デジタル放送へと移行するには、地上デジタル放送に対応したテレビ又はチューナの購入が必要不可欠であり、テレビを購入すれば高画質で見れることから、デジタル対応の液晶テレビを購入する家庭が多かった。

それと同時に家電リサイクル法を導入。古いブラウン管テレビの廃棄には、リサイクル券の購入が必要になるなど、費用がかかる事になり、低コストで廃棄できる株式会社廃品回収車のビジネスがヒット、さらには同社のリサイクルシステムにより、山中に財産となるブラウン管テレビが大量においていかれる等して、製造者、販売者、消費者、回収事業者、国のすべてがWIN-WINの関係になるという経済効果を発揮した。

また、著作権保護システムとして、B-CASシステムを導入。テレビを見るには、1枚2000円のカードが必要になった。

中期の経済効果[編集]

総務省は素人の甘い見通しで運用しようとしていたため、地デジになればゴースト現象がなくなる事を根拠として、「地デジ化すれば映りがよくなる」、「地デジのほうが電波が障害物に強く、ビル影対策をする必要がない」等といって、普及させようとした。それにより弊害が起きたのも事実である。

実際に、地デジのほうが電波は障害物には弱く、一定以上の電波が確保できれば、アナログのようにゴースト現象が発生せずに、綺麗な画質で見れるだけで、ある程度確保できなければアナログでは映っていたのにデジタルでは映らないなどの現象が生じた。

また首都圏においては、当時首都圏で提供されていたアナログ放送はVHF方式というアンテナであり、またビル影対策として多くの家庭が、共聴アンテナを利用するなどしていたため、アンテナの設置又は交換が必要となる事が明らかになった。そこで、経済産業省は「テレビを変えれば地デジが見れる」から「※アンテナも必要です」と変更した。勿論、費用は消費者持ちである。実際には状況に応じて、アンテナ、ブースターアッテネータ、デジタル放送に対応している分配器等の機器が必要だった。

これにより、アンテナメーカーや各機器メーカーに莫大な利益が入ってきた。同時にビル管理者としては、共聴アンテナの設置義務から解放されることにより、経費の削減が見込めるようになった。ビルにより見れない世帯やアパートを借りている借主は解決のできない法律相談に通う事になり、弁護士等の法律家のもとにもお金が入るようになったのも事実である。

また、どのような手段を用いても、どうしても見れなくなる世帯もあり、そういった世帯はケーブルテレビ事業者を利用するしか方法がないために、ケーブルテレビ事業者も収益が期待できるようになった。

後期の経済効果[編集]

首都圏において、電波塔は東京タワーが用いられているが、2013年には下町押上スカイツリーに移行する事になっている。当初、総務省は高さが高くなるから、エリアは当然伸びるだろうと軽い考えをしていたが、実際に試験放送を流したところ、10パーセントを超える家庭で見られない事が発覚した。

原因は強電界エリアの電波が強すぎる事によるもの、アンテナの向きが違う等である。これにより、ブースターの調整、アッテネータの設置、アンテナの調整等が必要になり、各放送事業者が負担するなどして、100億円もの経済効果を起こした。