地下銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地下銀行」の項目を執筆しています。

株式会社地下銀行(かぶしきがいしゃちかぎんこう、為替略称チカ、英称:The bank of underground,Ltd、略称:地銀)とは日本全国に拠点を持つ都市銀行。本店・支店の所在地は非公表。

概要[編集]

1990年代前半のバブル経済崩壊後に持ち上がり、その後頓挫した地上銀行設立構想をそのまま受け継ぐ形で設立された。窓口業務撤廃等の大幅なコスト削減を図る一方で24時間営業を実現し利便性を飛躍的に高めた。この型破りの業務方針は利用者からの評価が高い。

基本的に取引ができるのは日本国内で働く外国人労働者である。また口座開設には関係者の紹介状が必要である。

地上銀行設立構想[編集]

バブル経済崩壊後、日本国内の多くの金融機関が不良債権問題で揺れる中、これまで新規の顧客として見込みがなかった層をターゲットにした新銀行設立構想が金融庁・一部銀行行員グループ内で持ち上がった。この計画には厳しい経営をさらに圧迫される既存の大手銀行等の勢力が猛反対しこの構想は頓挫される。その際、金融庁に届け出る予定だった銀行名は「地上銀行」であった。地上銀行という名前は多くの市民に親しまれるようにとの願いがこめられた。またこの新銀行計画では主に日本国内で労働をする外国人向けに需要の高い送金業務を請け負う予定であった。

地下銀行設立[編集]

地上銀行の設立が頓挫してしまった事に対して日本国内で働く多くの外国人労働者は絶望し憤怒した。母国に送金するために既存の金融機関で身分証明書の提出、就労ビザの提出、在留資格書類の提出や署名等非常に煩雑な手続きを経て、その上多額の手数料を取られてしまう事が外国人労働者には精神的・経済的負担であった。そこで日本で働く有志のアジア系外国人らのグループが合資で地上銀行設立構想を実現する事にした。しかし同じ名前をつけていては芸がないとして地上の反対…つまり地下を名前とする事にした。これが今の地下銀行に繋がっている。

設立時期[編集]

設立時期については諸説あるがバブル崩壊後の1994年~1996年説が有力である(地上銀行設立計画が頓挫したのは1992年7月)また一部の経済学者の中には戦後の1950年代には既に別の外国人グループによって設立されていたとの学説もあるが定かではない。

独自のサービス[編集]

多くの銀行がひしめきあう中既存の金融機関に負けないように設立当時から地下銀行では既存の金融機関にはないサービスを次々と展開していった。

窓口業務の撤廃
地下銀行では本店・支店は非公表となっている。これは送金をする拠点がないという意味ではなく、どこからでもすぐに電話で取引できるようにしたものである。
地下銀行では基本的に電話で取引をするため電話の相手が本人であるかどうか公的に確認する書類の提示は必要ない。これは地下銀行を利用してくれるお客様の手を煩わせないための措置であり、地下銀行の経営理念でもある。送金先の口座番号と自らの口座番号、合言葉さえ控えていれば電話で取引可能である。煩わしい窓口取引がなくなった事は外国人労働者の精神的・心理的負担の軽減に繋がった。
24時間営業
前述した有志の外国人労働者は来日した際24時間営業をしているコンビニに感銘を受けた。一般的な銀行の営業時間が9:00~15:00なのに対し地下銀行は24時間営業である。このように潜在的な需要を掘り起こした事で地下銀行は更に勢力を拡大する。
手数料の大幅な値下げ
地下銀行では他行を利用して送金するよりも大幅に手数料が安い。経済的な負担が軽くなるためこれも地下銀行が勢力を伸ばす一因となった。(一般の銀行では4、5000円かかるのに対し1000円程である)

既存の金融機関からの圧力[編集]

当然、既存の金融機関は地下銀行に対して警察等を使い圧力をかけている。しかし本店・支店が非公表である地下銀行に対する捜査は困難を極めるものであり1、2年に1度あるかないかの程度である。

関連項目[編集]