地域振興券

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

地域振興券(ちいきしんこうけん)とは、1999年に偉大なる人民の父、故小渕恵三総理閣下が貧困にあえぐ15歳以下の子供、年寄り及び障害者に配布した商品券である。

総理閣下の偉大な慈悲に触れた日本国民は感動し、閣下に感謝しながらゲームショップに向かった。

効果[編集]

子供に一律20000円が配布されるとあって、各玩具メーカーは価格改定に走り地域振興券商戦が勃発した。 S○NYのプレイステ○ションは直前に価格改定を行い定価を15000円としたことで、通常5800円のソフトとあわせて20800円とする抱き合わせが成立し、大きく販売台数を伸ばした。このときの普及によってセ○サターンの敗北が濃厚になったとする説もある。

また、一部の心無いデパートにおいては20000円の高級食材セットを売り出す等、子供から夢を奪うことを前提とする商品も見られ問題となった。

問題点[編集]

貧困にあえぐ子供たちを救うためやむをえなかったとはいえ、地域振興券はそのあまりに強い威力のために日本に禍根を残す結果となった。

20000円分の商品券を手にした一部の心無い親たちがその目先の利益に目がくらみ、子供からそれを没収したことで一部の子供たちに深い心の傷を残した。

また、発行対象が「15歳以下の子供」であったため、高校1年生のクラスにおいては地域振興券を貰える勝ち組と貰えない負け組が生じ、その両者間の溝が深まった上、そのボーダーラインである1983年1月2日前後の子供が親に不平を言うケースなどが見られ社会問題となった。