地面師

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地面師」の項目を執筆しています。

地面師(じめんし)とは、地属性魔導師の中でも土地の扱いに特化した一団を指す言葉である。クラスチェンジにより不動産に関する上位職業に就ける。

概要[編集]

かつて土地自体には、金銭的価値や所有権が存在していなかった。この世に人々が来る前から、木草石と共に土地も存在していたため所有における根拠が立証出来ないのである。そこで古代から中世までは、「国家の領土は、すべて国(政府機関)の持ち物である」という前提に基づいて人民に配分するのが一般的であった[1]

しかし近代になり、国家政府の権限よりも個人の私有財産権や商取引における透明性が重視されるようになると、土地も商品として売買することが可能になっていった。その為の登記権やその証明を魔術的に行っていたのがいわゆる地面師なのである。紙の書類や印章はいくらでも偽造できる[2]が、魔術で作成された物品は第三者による偽造が実質的には不可能な為土地に関するこういった権限は自然と彼ら彼女らに一任されるようになっていく事になる。

バブル経済と地面師[編集]

日本におけるバブル経済とその崩壊は、不動産価格の「無限上昇」を前提としていた売買に由来する。

地面師団体が投資家との取引から土地への魔術行使を頻繁に行った結果地価が爆発的に上昇したものの、それにより価格の上下限が法律で制限される国有地の価値が下がってしまい政府筋の地面師が反発。同時期に国会で、狂乱地価を抑え国有地との差を縮めるべく税制改革案が提出されたこともあり土地価格は一転下落の道を辿り、青天井に見えた不動産業界に厚いガラスの天井が張られ業界は一気に不景気の道を邁進していく。

このバブル崩壊の「主犯」とされた事もあり、地面師には犯罪的なイメージが付きまとうようになったのである。その後商取引の電子化が魔術を駆逐し、地面師は表舞台から姿を消していった。2017年には積水ハイムが地面師とのトラブルを起こしているが、地面師の名がメディアにでるのはここ十年来ではこの一件が精々である[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 特に農民は貸与された土地を耕し、その地代として年貢を納めるのが普通とされ「小作人」という名で呼ばれていた。
  2. ^ 特に印章(ハンコ)は世界的に問題視され、20世紀に入ると殆どの国が直筆サイン方式になった。日本とその周辺だけが異常にハンコというものに拘っている理由は、今なお不明である。

関連項目[編集]