坂田栄男

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂田栄男(さかた えいお、大正9年(1920年)2月15日 - 平成22年(2010年)10月22日)は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士本因坊戦を7連覇して本因坊栄寿と号す。ニックネームは「カミソリ坂田」。2000年に80歳で引退し、その後は日本囲碁界の重鎮として君臨した。

人物[編集]

本因坊の国内維持にこだわりを見せる坂田
ふがいない日本棋院幹部達の手をカミソリでそぎ落とす坂田

棋士として[編集]

1935年に入段してプロ棋士となる。愛国家であり、当時は中韓に対して圧倒的に強かった日本の囲碁界において、呉清源などの外国籍の棋士達を相手に並々ならぬ闘争心を燃やした。

1963年に名人位を獲得して2連覇したのち、台湾国籍の棋士である23歳の林海峰の挑戦を受けた。一局目に勝ち「20代の名人などありえない!」と大啖呵を切ったが、あっさりと2-4で敗れ涙目となった。

1961年から本因坊戦で実に7連覇を果たし、「二十三世本因坊栄寿」を襲名した。しかし、八連覇はまたしても台湾国籍の林海峰に阻まれ、また涙目になった。

重鎮として[編集]

2000年に80歳で引退してからは、日本囲碁界の重鎮として君臨する。そして、ふがいない昨今の日本囲碁界の現状を憂い、積極的な対策に乗り出した。

囲碁はもともと中国発祥であるが、江戸時代に日本で囲碁文化が花開き、昭和の時代までは日本が世界に対して圧倒的な強さを誇っていた。日本棋士と全国の囲碁ファン達は、今後100年は日本の囲碁世界一の座は不動であると信じ込んでいた。しかし1990年代後半からは、韓国中国を相手に劣勢に立つようになり、2000年代に入ってからは逆に中韓に対して全く歯が立たなくなってしまった。

この原因は、日本囲碁界が世界一の座にかまけてヌルい制度(昇段規定や対局料)で棋士たちが胡坐をかいていたうちに、韓国では囲碁ブームが起こり、中国では中国棋院主導で国家レベルの強化を始めたからである。二国に入れ知恵をした名誉棋聖への個人的な恨みからこの現状を憂いた坂田は「この不祥事を招いた元凶、酒乱貴様ら日本棋院にこそある」として日本棋院の幹部達に制裁を加えた。そして個人戦でこそ李昌鎬などに負けるものの、団体戦であれば日本は層の厚さで勝るとして、5対5の国別対抗団体戦である『農心杯』をスタートさせた。しかしその農心杯も始まるや否や韓国が6連覇し、もはや坂田の涙は枯れ尽きそうである。

「本因坊のレベルも 堕ちたものだ・・・」
本因坊 について、烈海王張栩

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坂田栄男」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]