声かけ事案

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

声かけ事案とは、地域の子どもたちとのコミニュケーションを通して、明るい社会づくりに貢献している人達を顕彰する制度である。

概要[編集]

声かけ事案は、子どもと大人の間のコミュニケーションを円滑にすることで、社会全体で子供たちを見守っていこうという声かけ運動の理念に基づき、実施されている顕彰制度である。近年多発している、子どもを取り巻く犯罪、非行、いじめや自殺等の問題は、子どもと大人の間の意思の疎通がうまくいっていないことが原因だと言われるようになった。このような反省から、子どもたちに積極的に声をかけ合い、見守っていくことで社会に貢献している人々を顕彰することを目的に、この制度が創設された。

顕彰[編集]

優良者の顕彰は、随時、各警察署のウェブサイトにて行われている。その際、氏名は公表されないが、これは声かけを特定個人の活動としてではなく、社会全体で行なっていきたいという理念に沿ったものである。ただ最近では運動自体が下火なのか、場合によっては道を聞いただけでも顕彰されることがあり、「それほどのことでは…」という声も顕彰される側から上がっているが、警察署では、例え小さな行いでも立派なことに違いはないので、これからも見逃さずに顕彰していきたいとしている。

関連項目[編集]