多頭飼育崩壊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「多頭飼育崩壊」の項目を執筆しています。

多頭飼育崩壊とは、頭の多い動物を飼育しようとして失敗することである。

自分の頭で多頭ヘビの飼育を試みて失敗した人

概要[編集]

多頭の動物は警戒心が強く人間になつきにくいうえ、複数の頭が交替で眠るため常に1つ以上の頭は起きており24時間の世話が必要となる、人を病気にするような不気味な声で鳴く等の特殊な性質を持っている場合もあるなどの事情もあり、飼育は極めて困難である。

獣医師であるドリトル先生が双頭獣オシツオサレツの飼育に成功したとの報告があるが、これはドリトル先生が動物の専門家であり、しかも動物と会話できるという特殊な才能を持っていたためである。専門家ではない素人が多頭動物を飼育しようとして、あまりの困難さから飼育崩壊に至るケースが後を絶たない。

事例[編集]

多頭飼育崩壊の実例としては、以下のようなものがある。

お散歩させるのも一苦労。
  • 頭が3つの犬であるケルベロスを飼い慣らそうとしたヘラクレスは、ケルベロスを散歩させるため地上に連れ出したところ、ケルベロスが太陽の光に驚いてしまい、吠えて飛び散った唾液からトリカブトが生えてきて、辺り一面が毒草畑になってしまった。
  • 出雲国の足名椎命と手名椎命の夫婦は、頭が8つある蛇ヤマタノオロチが人間の娘を餌としていたため、毎年1人ずつ娘を食べさせていた。最後の娘である櫛名田比売も餌になるところだったが、高天原から派遣されたボランティア須佐之男命がヤマタノオロチを退治して、飼育を中止させた。
  • バビロンという女性は7つの頭と10の角を持つ動物に乗って遊んでいたところ、その獣に憎まれて肉を食われたうえ、さらにで焼き尽くされるという悲惨な目にあった。

関連項目[編集]