大丈夫教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事は内容が少ないような気がしますが、大丈夫です。
どうにかなるでしょう。

大丈夫教(だいじょうぶきょう)は、伝統的に、世界中の人々に信仰されてきた宗教のひとつ。 自身の安らかな心を求めるにあたって、まず全て状況は一切、大丈夫であるという心を起こすことを条件とし、この精神をもって他の宗教とを区別する指標とする。

概要[編集]

大丈夫という語は、大丈夫経で初めて見られ、一般に大丈夫教は大丈夫経を編纂護持する教団が中心となって興起したものと考えられている。 大丈夫経典の内容から、「大丈夫であるという心」を持つことにより安らかな心を持つに到ったものは、 誰もが大丈夫教徒となる条件を満たしていることとなり、 その起源より普遍宗教としての教義を内包していたと考えられているが、必ずしもはっきりしたことは分かっていない。だがちょっと待って欲しい。そんなこと気にしなくても大丈夫だろう。

信仰地域[編集]

大丈夫教は、日本では神道に押されて、大丈夫教の信者であることを自覚している者は少ない。

熱心な大丈夫教信者

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大丈夫教の布教ドラマ」の項目を執筆しています。
CCSakura under moonlight.jpg はにゃーん。この記事 「 大丈夫教 」は書きかけだよぅ。
でも頑張って書けばなんとかなるよ、絶対、大丈夫だよ。 (Portal:スタブ)