大人の科学マガジン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「大人の科学マガジン」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

大人の科学マガジン(おとな-かがく-)とは、学研が発行している不定期刊の科学雑誌。毎号、いろいろな科学実験のできる組み立て式の付録がついている。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「科学と学習」の項目を執筆しています。

この本がターゲットとしている読者層は、昭和40〜50年代に小学生だった世代である。当時、学研からは「科学」と「学習」という雑誌が発行されていて、学校によってはクラスの半分近くが定期購読をしていたほどであった。主に「科学」は自然科学系、「学習」は社会科学や人文科学系の話題をとりあげ、それらのテーマに則した付録がついていた。小学校低学年から「理科」や「社会」が消えた現在では想像もつかないが、多くの小学生がこれらの付録を使って、自宅で理科実験や工作、地図などに親しんでいたのである。

「大人の科学」は、そうして理科実験や工作に親しんでいたかつての子供達をターゲットとしている。もちろん、当時と同じような「日光写真」や「カブトエビ飼育セット」ではなく、大人向けにグレードアップしたものが多い。いい年した大人が、雑誌としては少々大振り(付録があるため)なこの雑誌を書店で買い求め、しっかりと胸に抱えていそいそと帰宅し、家に帰るなり食事もそこそこに自室にこもって工作をはじめる、という、家族にとっては結構迷惑な実態が確認されている。

付録[編集]

小学生向けの「科学」以上に、付録がメインとなっている(本文の読み物は軽いコラムが多い)。ここでは、いくつかの付録の例を挙げる。

関連項目[編集]

この項目「大人の科学マガジン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)