大分熱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

大分熱(おおいたねつ)とは一般的に九州地方東部で観測される風土病の一種であり、古代より日本に伝わる風邪の別名である。

概要[編集]

大分熱とは、その名のとおり大分県で観測される地方病の一種である。けれども、一般的な風邪と大分熱の区別がつかなかった時代において両者は混同されており、大分熱の引きはじめとピークを過ぎた状態における確認の儀式が先に民間に広まった結果、21世紀を迎えた現在でも、風邪を引いた際の行為として一般的にその名を残している。ただし、さすがに大分熱ではないことは全員が理解しているため、あえて違う読み方をする場合がほとんどである。

儀式[編集]

大分熱の儀式は以下の2通りが有名であり、子供を対象として行うことが多い。しかし、時代を経るごとに様々な場所でもこれらの儀式は伝播しており、場合によっては鉄工所理科室での実験、果てはアイドルの追っかけなどにも適用されることがある。

風邪の引きはじめ
患者の額に手を当てて「大分熱がある」と宣言することで、これから治療行為を始めると周囲の人間に通達。患者を病人だと周囲に理解させる儀式。
風邪のピークが過ぎた状態
同じく、患者の額に手を当て「大分熱が下がった」と宣言することで、心配していた人々の心を落ち着かせるという儀式。場合によっては体温計や寝息、寝汗といったものの確認でも宣言が可能になる。

風土病としての大分熱[編集]

上記のような風邪の際の儀式としれ知られる大分熱のほかに、九州地方東部特有の地方病としての大分熱についてを以下に記す。

O-ウィルス[編集]

古来より風邪と大分熱との見分けがつかなかった大きな理由が、O-ウィルスによる病状と重篤な風邪の病状がほぼ一致していたためである。主に、大分県の別府市由布市を中心に観光客が罹患することで知られていたこの風土病は、温泉に長くつかることでO-ウィルスに感染、即座に発症する。その病状は高熱や意識の混濁、大量の発汗を伴うことで知られており、心臓に障害のある人は命の危険すらある恐ろしい病気である。別名を湯あたりとも言う。この業病は風呂文化の発展とともに爆発的流行(パンデミック)を起こしたことでも知られており、家庭用の浴槽が一般的となった江戸時代や銭湯文化が隆盛を極めた大正、昭和以降は大分県どころか全国各地で死者を出している。

さらにひどいことに、このウィルスは世界にまで飛び火。主に極東アジア地域からの観光客が大分熱に罹患することについて地元の観光業者が四苦八苦することになる。

T-ウィルス[編集]

1999年に発生した大分熱の亜種。その特性として、感染者の精神に多大なる影響を及ぼすことで知られ、重篤な患者からは、主に金銭に関する歯止めが失われることで悪名が高い。近年における有名な事例として2012年11月下旬に発生したパンデミックでは、多くの県民を躁状態に陥れている。また、そのあおりを受けた千葉県の多くの住民が手ひどい精神的ダメージを食らっている。もっとも、それは京都府でも横浜市でも同じような病状が見られ、関連性については不明である。

しかし、この大分熱亜種の恐ろしさは、躁の状態が一瞬であるのに対し、鬱の傾向が恐ろしいほど長いことである。特に、2009年の終わりごろから続いた憂鬱な状況は3年以上にわたって大分県民を苦しめることになる。中でも、某民主党の関係者が大分熱に罹患した後に病状が悪化し、脳内から財政に関する規律をことごとく忘れ去ったという話が、いかに大分県の関係者を地獄に突き落としたかについては想像に難くない。その後、同じような病気に感染した東京の事例佐賀県の事例とともに、全国に大分熱の恐ろしさを知らしめる結果となっている。その後、いい感じに狂った某人物は、民主党政権で観光庁の長官に任命され、極東アジアの住民を大量にO-ウィルスに罹患させたことでも知られている。

これは、ウィルスに支配された人間がいかに周囲に悪影響を与えるかを知らしめると同時に、某政権にとってはまさに適材適所の人材、ともいえる。

けれども、日本中の一般的な金銭感覚を持つ人々は、大分県民に注意せざるをえず、とりあえず、借金を返せなければウィルス保持者であるとみなすことになる。多くの大分関係者を嘆かせることになるこの規律はしかし、大分県民にとって最高の薬であることも間違いない。そのため、いかに大分熱を上昇させ、なおかつ金銭感覚を維持させるかが2013年の焦点となる。まぁ、某観光庁長官を見れば一瞬で正気に返るため、さほど難しい話ではない。

大分熱亜種の罹患者の映像[編集]

関連リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「溝畑宏」の項目を執筆しています。