大原大次郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「部長は仕事一筋だからな。仕事を止めると大変なことになる。」
大原大次郎 について、両津勘吉

大原 大次郎(おおはら だいじろう、1924年?月?日)は、至上最もくたばれかつ最低な警官である。新葛飾警察署が勤務場所で、巡査部長であり、一般的に大原部長と呼ばれている。だけど最初の巻で部長は違う人。

趣味はコスプレ、必殺技は「バッカモーーーン!!!」。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大原大次郎」の項目を執筆しています。

人物[編集]

怒ると周りの人たちが震え上がるほど怖い。年齢は90歳くらいだが、彼は整形手術を何度もしており、いつまでも50歳くらいの容姿を保っている。将棋では誰にも負けたことが無い。

誕生日は秘密にされていると思われているが、実は彼自身が誕生日を忘れているらしい。そのためにでたらめに誕生日を決めており、誕生日を尋ねられる度に違う日を答えることが多い。そういう大胆な人であるのがまた問題。

娘や孫に弱い。またバーチャル孫(通称:ニセ孫)にも弱い。

あまりにも酷い行動が話題の1つとなる。それは後述で。

また、その容姿が20世紀最高の善人として有名な第三帝国総統、アドルフ・ヒトラーに似ているとも言われている。事実最初に登場してきたときはまさにヒトラーであった。

大原を怒らせたことがある人[編集]

  • 両津勘吉 - 大原部長の部下であり新葛飾署の問題児。この人の関係でいつも血圧が上がっている。しかし、逆に大原が両津を怒らせたために、中川財閥の財団協力で大原の家が丸ごと砂漠へ移動させられたことがある(後述)。
  • ララ・サタリン・デビルーク - あまりにはしたない恰好をしている、という理由で怒られる対象となった。しかし、当のララは怒られているという自覚が全くなかったため、大原の口髭にコメントし、怒りを爆発させてしまっている。

実家の所在地[編集]

実家は千葉県ジャングルの奥地(通称「時空ヶ原」)であることはわかっているのだが、自宅を見たことがある人は世の中に数名しか存在していない思われる。さらにこのジャングルは、絶滅したはずの恐竜が生き残っている唯一の地なので行かない方がいい。[1]

恐怖の仕返し[編集]

部長は仕返しに手段を選ばない。実際、両津勘吉は部長の被害にあっておりその証言者でもある。部長は80年代初期になるとお仕置きの形で両津をしばくが、撃ち殺そうとする等あまりのひどさにクレームが殺到する。証言者いわく「そこまでする余裕があったら首にしろ」である。日に日にそのやり方はエスカレートしていき遂に「武装おしおき」という形になる。このおしおきは実際に部長が武器を持って派出所に殴りこんでくるが、その前に両津が逃亡していることが多く未遂に終わる。しかし、戦い方は変化していきマシンガン大砲、ひいては戦車で派出所ごと襲撃することもあった。この演出を見る限り世論では「悪いことをした両津をしばくのはいいが、そういうあんたも同罪だろ!!」といわれまくった。そしてデストロンもこの動きに目をつけたのか、遂に「反逆」の形で部長に対する仕返しをするようになった。特に部長の犯罪歴は急成長の一途をたどり、挙句の果てには民間地で銃を乱射・矢を放つなどから平成になるとすぐ「世界指定危険人物」に認定された。

犯罪履歴[編集]

  • 自分にとって危険な事は必ず両津にやらせる。
    • 例1:住宅にスズメバチの巣があったときも両津に駆除をやらせた。おかげで両津の顔はパンパンに腫れ上がってしまった。
    • 例2:住宅街にキングコブラが出現したときも、両津が食事中だったのにかかわらず駆除をさせた。その後両津の食べていたラーメンはのびて汁を全て吸ってしまった。
  • (42-5)両津が手に入れた賞金1億円を勝手に寄付。
  • (43-3)葛飾署の署員が運転ミスで大原の愛車(いすゞ・ベレル)にキズをつけ、両津と中川がバレないように車を板金屋に持って行って修理をしてもらうはずが従業員が手違いで車をスクラップにしてしまい、別の車(日産・セドリック)で誤魔化して逃げる両津と中川をパトカーでかなりのスピードを出して追いかけ、最終的には事故で渋滞を起こし、両津・中川と一緒に頭を丸坊主にされた。
  • (44-9)両津が署長から7万円を貸した罰として、丸坊主にされた両津を10日間お寺へぶち込んだ。[2]
  • (47-3)メルセデスに乗っていた両津にクラクションを鳴らされたため、腹を立てた部長がパトカーで両津を追跡し続けた結果、署長がいたゴルフ場を荒らして両津共々丸坊主にされてしまった。
  • (47-4)ラジコンのレース(ハンデ付き)で、両津を負かしてラジコンを止めさせるために、中川の協力のもとでラジコン日本一に替え玉になってもらうが、インチキがバレてしまった。両津に「たとえ負けても正々堂々とやるが部長の口癖だったのに、卑怯、信じられない!」と責められるも、「たかがオモチャで本気で勝負できると思うか! 付き合って参加しただけでも感謝しろ!」と逆上した。
  • (49-2)受験勉強すると言い出した両津を小馬鹿にしただけでなく、頑張る両津を邪魔した上で頓挫したことを失笑し無視した。
  • (49-5)別の話で両津の金を3000万円だまし盗った詐欺師を捕まえる予兆を見せなかった。
カッパーⅠ号に縛り付けた両津に火を付けようとする部長。
  • (54-3)地獄を支配した両津(作中では「リョーツ大王」と呼ばれていた)をロケット花火風ロケット(作中では「カッパーⅠ号」と呼ばれていた)に縛り付け、火を付けてすい星にぶつけようとした。
  • (57-2)天国のミスで死亡して霊となった両津に憑依され、様々な悪事を働いた。民間人に拳銃を発砲し、更に会議の為に警察署に訪れた新人の婦人警官ち○こを見せた上にストリーキングをやって署内を走り回った。
  • (72-2)キャンプでのこと。ログハウスには「派出所メンバーと定員が全く合わない」という理由で両津と本田の意見を聞かずに二人をテント小屋(ルームサービスなし)へ追いやった。
  • (72-9)余った電気を勝手に電力会社へ売電した両津を電気コードで縛って電信柱に磔状態(本人曰く「人間蓄電池」)にし、今にも雷が鳴りそうな状況下の屋外に放置した。
  • (77-2)極上の松茸を横流しにした両津を肥料がわりとして、松茸ごと土に埋めた。
  • (79-2)部長の赤子に競馬関係を教えた結果、両津を拳銃で攻撃した。
  • (86-7)部長を全国に指名手配した結果、アパッチで空爆してきた。
  • (109-7)両津の給料を勝手に全額寄付した。その理由は、自動販売機に八つ当たりしたから、それだけ。
  • (114-5)大会で絶対優勝したいが故に、署長とグルになって両津にドーピングしまくった。
  • (135-5)両津が苦労して発明した世界最小の永久電池の特許(特許料:年間100億円)を勝手に寄付した。
  • (159-5)両津から250万も横領した上で娯楽に使い、それを指摘されると逆ギレ。
  • (170-1)宿が無くて困っている(という設定のテレビ番組に出演している)大人気アイドル歌手を「演歌が歌えない」「ファッションが気に入らない」という理由で追い返し、泊めなかった。
  • (175-5)ギネスに載りたいが故に、両津に無茶な事をしまくった(それも申請無しで)。
  • (177-6)両津が発明した、「自転車の空気入れで圧縮した空気で時速220kmを出し、(空気充填1回当たり)300km走行できるスクーター」の特許を世界中にタダで公開した。

処刑の派出所[編集]

部長ご自慢の武装おしおき
  • (62-2)大原が発表会で使うビデオをう○こ等のぴー[3]に差し替えた結果、迷彩服を着てバズーカ砲を持ち派出所に突撃した。
  • (65-9)寺井が間違って両津が作った部長の全裸写真をFAXで署に送信した結果、『八つ墓村』スタイルでFN FALを持ち派出所を襲撃した。
  • (69-4)大原が楽しみにしていた大河ドラマ『幕末の春』の最終回をお下劣番組に差し替えた結果、武士甲冑を着て日本刀を2本持ち派出所を襲撃した。
  • (86-5)変な形の法隆寺の五重の塔を公開した結果、大原は弁慶のような格好で薙刀を振り回しながら派出所に殴り込んできた。
  • (86-9)10トン程度のゴミをお中元として送りつけた結果、案の定台車付き大砲を持って派出所に殴りこんだ。
  • (95-1)「おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでとう おめでが10 なんちゃって 完」という意味不明なスピーチ文章を送りつけた結果、巨大戦車で派出所を破壊した。
  • (102-2)大原の誕生日にツイスターを贈った結果、やっぱりM7自走砲に乗り、派出所を爆撃した。
  • (104-3)部長をスタクラ大王扱いにした結果[5]ドイツ軍の巨大戦車で派出所を押しつぶして署員を巻き添えにした。
  • (156-3)熊の着ぐるみを着た部長に両津がいたずら書きした結果、ハマーに乗って着ぐるみにサングラスをして軍隊色にし、ダイナマイトを腰と額に巻きFN ミニミとパンツァーファウスト3を持って派出所に殴りこんだ。中川が「ネズランドに遊びに行きました」と行き先を答えると、そこに潜んでいた両津を攻撃した。

また同じ目に遭いながら処刑しに行けなかったケースもある。

  • (108-8)大原が育てていたサボテンを鍋の具として食べてしまった両津を激しく咎めたため、仕返しとして家ごと丸々サボテンだらけの地に空輸されてしまった。

ほかにもさまざまなものがあるがこれらが代表な例である。(24-8)両津が秋葉原で市街戦を起こしたことにより、ろうそくと機関銃を持って殴りこんできたのが初出。また、(53-10)偽の帆船いかだ?)を送りつけた際に軍服とライフルで殴りこんできたのが記念すべき武装おしおきの第一回目である。これは部長が連載当初は軍人だったという設定から来ているが、現代では年齢に無理が出てきたため、この設定は遺棄された。30周年記念で両津に武装おしおきの事を突っ込まれた際「あれはあれで用意するのが大変なんだ」と言っている事から、相当に金のかかった上に、部長の趣味を兼ねたおしおきと言えるだろう。そんなことに金かけるなら余にくれでおじゃる。尚、これらを考えてみたら部長は意外とコスプレマニアな一面も見受けられる。

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ でもなぜか署まではPASMOで通える。
  2. ^ その数年後、(77-9)短気・乱暴・無責任に目があまるものがあった両津を再び丸坊主にして、修行向けのお寺(作中では「寛極寺」と呼ばれていた)へ2週間ぶち込まれた事があった。
  3. ^ 発表会用のビデオは両津が事前に巻き戻され、重ね録りによって消去されてしまったという。
  4. ^ テレビとビデオデッキも改造してあり、コンセントを切った途端、内部の電源に切り替わる(いわゆるバックアップ機能)。更に1時間ごとに音量が大きくなり、8時間後に音がMAXになるというシステムになっている。
  5. ^ 大原部長が仮眠中顔に落書きされた上でスタクラを押された写真を撮られ(ついでに下半身も撮られた)、そのデータで巨大プリクラを作られた挙句に女子高の壁や通学路に大量に貼られた。

関連項目[編集]

豪腕を誇る波平.jpg この記事、「大原大次郎」は、まだまだ書きかけじゃないか!!!!早く編集しろ! まったくけしからん! (Portal:スタブ)