大和郡山市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大和郡山市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大和郡山市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大和郡山市」の項目を執筆しています。

大和郡山市(やまとこおりやまし)は、金魚資料館や金魚卸売りセンターや全国金魚すくい競技連盟や金魚すくい選手権大会で有名な奈良県の北部に位置する市。現在、人口はやや減少傾向にあり、対照的に金魚は増加傾向にある。

概要[編集]

元気に泳ぎ回る金魚様。
カラフルな金魚様が目立つ金魚すくい大会のポスター。

奈良県の北部に位置し、およそ9万人の住人と20万匹のワキン、13万匹のリュウキン、8万匹のデメキン、5万匹のアズマニシキが生活する市である。市内にはが数多く存在し、その多くは現在増え続ける金魚の養殖池として利用されている。本来ならばため池として利用するための池までもが金魚の養殖池になったことから不足が懸念されたこともあったが、もともと佐保川富雄川といった一級河川も通っていることから、水不足になりにくい地域であったため現在のところ目立った問題は起きていない。金魚にとっても人間にとっても非常に住みやすい環境に恵まれた地域である。

 大和郡山の金魚の養殖は江戸時代中盤に、柳沢吉里(柳沢吉保の子)が国替で大和郡山藩主に赴任してから始まった。柳沢吉保はお犬様こと5代将軍徳川綱吉の小姓(お散歩相手)から、江戸幕府の大老格まで抜擢されたお気に入りのドッグトレーナーだったが、その反面、古参の譜代大名達からは白眼視されていた。よって吉里以降の柳沢家は誰も大老や老中などの花形の役職は一切なく、幕府内の出世競争の蚊帳の外に置かれてしまった。ただそのお陰で、吉里以降の柳沢家は大和郡山藩の統治に専念することができて、金魚の養殖も発展することができた。最後の大和郡山藩主である柳沢保申に至っては明治時代の廃藩置県で大名でなくなった後でも、柳沢養魚研究場を大和郡山に設立して、金魚の研究に努めた程であった。

現在、市内には世界各地に多種多様な金魚を卸している中央卸売市場や、金魚と人々の歴史を展示公開している奈良県立民俗博物館、金魚の安定した生活のために厳重に水質を管理する流域下水道事務所などが存在し、当市における金魚という存在の偉大さを伺い知ることができる。

経済[編集]

日本及び海外への金魚の卸売りをメインに、金魚鉢等の金魚の飼育器具の製造・販売、全国各地への金魚すくい屋台の派遣、金魚鑑定士や金魚飼育士の育成、金魚を模したジョウロや飴といった商品の販売等、金魚に関するあらゆるビジネスが展開されている。近年では、市や地元業界団体の後援により「全国金魚すくい選手権大会」などが開催されており、金魚による地域の活性化に向けた様々な取り組みが行われている。しかし、金魚による経済効果はいろいろなことを考慮すればほぼ0ではないかと言われている。

祭事・催事[編集]

  • 金魚祭り
  • きんぎょの夏祭り
  • 全国金魚すくい選手権大会
  • バサラ金魚祭り
  • 親子金魚まつり
  • 他多数

関連項目[編集]