大山崎町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

大山崎町(おおやまざきちょう)とは、乙訓郡(おとくにぐん)の別名である。向日市・長岡京市と合わせて合併を考えられた事もあるが、長岡京に含まれていない。

概要[編集]

天王山の戦い、またの名を山崎の合戦で知られているが、実際の合戦場は長岡京市に大半が含まれている。その理由は天王山と淀川の狭間にある為で、京阪と言う交通条件に恵まれた地にも関わらず市にならない最大の理由である。

交通[編集]

JR京都線阪急京都本線が伸びている。淀川向こうに京阪本線が見えるが、川の向こうは町とは別のところで、交通の便も道路だけである。阪急大山崎駅、JR山崎駅とも大都市連絡沿線としてはさみしい感じがする。また、十字にまたがる高速道路の中継地で出入り口が完成して以後はわざわざ京都まで行かざるを得なかった利用者が気楽に入り込んでいる。

歴史[編集]

山崎の合戦は語るまでもないが、淀川が水上交通として栄えていたころは船着き場として栄えていた記録がある。埋め尽くすほどの蔵の並びは今からは考えられない。信貴山の絵巻物にはここでお椀が蔵を抱えて信貴山に運んで来たと語られるがどんな腕力だったのか。

見どころ[編集]

水がおいしい。キリン、アサヒ両酒造大手が何らかの施設をここに構えているのもうなずける。しかし、義務として水道は京都府の提供する水を買わねばならず、かつての町政には京都府に交渉したものの、リキ入れて全力で町政ごと府に潰されてしまった。

宝寺には正月だけ打ち出と小槌で叩いてもらって福を授かる縁起がある。打ち出と小槌であって打ち出の小槌ではないようだが、一寸法師とこじつけたくお宝鑑定団に打ち出と小槌が出演した事もある。

山崎駅は長い間建物の更新を行わなかった事が最近では貴重な古い駅舎と見直されてきている。

今後[編集]

鉄道沿線では現存する駅の隣に新たな駅が完成する予定だが、いずれも隣接する町に組み込まれている。交通の便は良くなるが、他市町村で下車して町へ入っていく光景が多くなるだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大山崎町」の項目を執筆しています。