宗教法人 大川興業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宗教法人 大川興業」の項目を執筆しています。

宗教法人 大川興業(しゅうきょうほうじん おおかわこうぎょう)とは、日本の新興宗教団体である。

概要[編集]

母体となったのは、総裁を勤める大川豊氏が1983年に明治大学で結成した宗教サークル『大川興業』。その教義は「全ての真理は笑いであり、人生の成功は笑いによってこそ無し得る」であり、苦行や苦痛を讃えるカルト宗教団体のような色の無い異色の(ユルい)新興宗教である。当時の終末論ブームや新興宗人気に乗って、テレビやラジオなど各メディアへ露出していった。大川興業は宗教色の少ない学ラン角刈りの番カラスタイルで応援団風パフォーマンスを披露したことで、オウム真理教などのようにマスコミからの警戒を受けることなくその存在感を強めていったとされている。

その後1985年に大川総裁が明治大学を卒業したことを切っ掛けとして、大川興業は独立した宗教法人としての形態を取ることになる[1]。これに伴い明治大学時代のメンバーは一時教団を離れたが、大学サークルという区分けが無くなった事で他大学からの加入も増加し団体としての勢いは増していった。

しかしバブル崩壊後宗教法人への視線が厳しくなると、大川興業もメディアパフォーマンスが行いにくくなり活動の場を求めて関西方面へと行動範囲をスライドさせていった。そして徐々に知名度を高めていったものの、1990年の商法改正に伴い存続の危機に見舞われるなど前途多難な状況は長く続いてしまうこととなる。

構成員[編集]

2018年現在、幹部クラスのメンバーは総裁を含めて三名。教祖にして総裁の「大川豊」、大川興業副総裁にして日本副総裁協会名誉副総裁も勤める「寺田体育の日」、そしてお笑い芸人としても活動する「江頭2:50」である。なお江頭2:50は一時総裁の地位を勤めていた[2]が、インターネットを介した不正工作を行った事が発覚し大川豊に権限を返上している。また準幹部が8名いるが、活動が少なく知名度はかなり低い。

下位の信者層に関してはそのほとんどが在宅で、出家して活動している信者の存在は確認されていない[3]。また大川総裁の名前だけ見て「幸福の科学」の大川総裁と勘違いして入信した信者もおり、千眼美子(旧:清水富美加)目当てで入ったものの全然違う団体だと気付いて離反した信者もいるとかいないとか言われている[誰に?]

脚注[編集]

  1. ^ ただし当時の新興宗教法人飽和状態を鑑み、表向きは株式会社としての設立となっていた。
  2. ^ 2001-2006
  3. ^ 入信に際しては、勧誘VTR「宗教法人 大川興業入信ノススメ」を観たことが大半の信者にとって切っ掛けだと言われているが、真相は不明。

関連項目[編集]

この項目「大川興業」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。


ハニベ大仏.PNG この「大川興業」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「大川興業」を完成させてください。 (Portal:スタブ)