大統領魂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大統領魂(だいとうりょうだましい 英:The president spirit)とは、アメリカ合衆国大統領のみが使用することが出来る謎の精神力である。大統力(President power)とも言う。

概要[編集]

How you like me now!!

世界の警察[要出典]たるアメリカ合衆国は、悪の枢軸ロスケテロリスト宇宙人たちから、日夜自由正義民主主義を護るために戦い続けている。そのアメリカを統べる大統領もまた、常にその戦いの最前線に立ち、アメリカの理念を示し続けなければならない。故に大統領には必然的に、正義とアメリカを心から愛し続けられる者が選ばれることとなる。彼らの自由、正義、そしてアメリカを愛する心は、時に常人には奇跡としか思えない事を起こす。それを見た善良なアメリカ市民たちは、彼らの勇姿を見て涙を流し、こう言うのだ。「これが、大統領魂だアァァァァッッッ!!」と。

この力は時に日本の「大和魂」に例えられることがあるが、この二つは似てはいるが正反対である。大和魂は悪しき帝国主義的な思想に基づく 物であるが、大統領魂は正義たる民主主義に基づく物であり、所詮悪である物は正義を越えられないのである[要出典]。このことは第二次世界大戦において、大和魂を掲げた大日本帝国自殺攻撃までしても、正義であるアメリカ合衆国と対等な戦いすら出来なかったことを見ても明らかである。正義は勝つ!!

なお、大統領魂の使用時には「何故なら、私はアメリカ合衆国大統領だからだ!」と言うのが望ましい。

主な使用した大統領[編集]

  • ジョージ・ワシントン
    言わずとしれたアメリカの父。アメリカを独立へと導くためにイギリス軍に戦いを挑んだ。アメリカが独立できたのは彼の大統領魂によるところが大きい。
  • トマス・ジェファーソン
    第3代大統領。ジョージ・ワシントンらと共に独立戦争を戦った。ワシントンの偉大さに隠れてしまいがちな彼だが、「自由の帝国」たるアメリカの基本方針を作り、アメリカの戦いを始めさせた凄い人である。
  • エイブラハム・リンカーン
    ご存知、奴隷解放宣言を行った第16代大統領。彼の宣言は、アメリカが誰に対しても平等な国である[要出典]を示した物である。不幸にもアメリカの理念を理解しない愚か者の凶弾によって倒れたが、彼の大統領魂は全米に受け継がれている。
  • ユリシーズ・グラント
    第18代大統領。南北戦争において黒人を虐げる残酷なアメリカ連合国を相手に、将軍として果敢に戦った。
  • フランクリン・ルーズベルト
    第32代大統領。世界大恐慌の影響で不況のどん底にあったアメリカをニューディール政策で救い、また第二次世界大戦においては悪の枢軸を倒すため、米軍の全権を担う者として連合国の勝利に貢献した。なお、彼の従兄であるセオドア・ルーズベルトもまた偉大な大統領である。
  • ハリー・S・トルーマン
    第33代大統領。太平洋戦争末期、日本の本土決戦によって多くの人命が失われるのを嫌い、広島長崎への原爆投下を許可した。また、朝鮮戦争においては共産主義者相手に一歩も退かない勇気を見せた。
  • ドワイト・D・アイゼンハワー
    第33代大統領。第二次大戦において北アフリカ方面の連合軍総司令官としてナチスからヨーロッパを解放することに尽力した。また、アーカンソー州の州知事が黒人学生の高校入学を妨害した際には、軍を派遣し彼を護衛させている。
  • ジョン・F・ケネディ
    これまた有名な第35代大統領。かのリンカーンと同じように黒人の地位向上を目指し戦い続けた偉大な人。そしてリンカーンのような最期を遂げることになる・・・全米が泣いた
  • リンドン・ジョンソン
    第36代大統領。ベトナムを共産主義から護るために米軍を派遣。しかし共産主義者の策略でベトナム戦争は泥沼化してしまう。
  • ロナルド・レーガン
    第40代大統領。ソビエト連邦を「悪の帝国」と断罪。力による正義をもって世界中の共産主義と戦った。その戦いはベルリンの壁の崩壊やソ連の解体へと繋がり、元東側の各国へも民主主義が広まることとなる。
  • ジョージ・H・W・ブッシュ
    第41代大統領。通称パパブッシュ。クウェートへと突如侵攻したイラクの侵略行為を非難し、多国籍軍による制裁を加えた(湾岸戦争)。
  • トーマス・J・ホイットモア
    湾岸戦争の英雄。地球に侵略してきたエイリアンのマザーシップに対し、自らF/A-18に乗って攻撃軍の先陣を務めた。
  • ジェームズ・マーシャル
    ハリソン・フォード似のイケメン大統領。エアフォースワンをジャックしたテロリストに対し、単身戦いを挑む。
  • ジョージ・W・ブッシュ
    第43代大統領。上記のパパブッシュの息子である。「テロとの戦い」を宣言し、中東を舞台にタリバーンやアルカイダと戦いを繰り広げた。また、テロ支援国家であるイラクが条約で禁止されていた大量破壊兵器を偽装して保有していた為、世界の平和の為に多国籍軍をイラクへと侵攻させた(イラク戦争)。
  • ジャック・パトリック・ライアン
    海兵隊出身。かつてはCIAの自称アナリストとして潜水艦やソ連で活動し、核戦争を命じた前々任者を怒鳴りつけ、副大統領に就任直後テロで前任者が死亡したため大統領となる。
    大統領としては「ライアン・ドクトリン」を掲げてイスラム過激派を制裁し細菌戦争を抑えこみ、ロシアと同盟して中国を殴りその核攻撃に対しては直撃地点のイージス艦から迎撃を指揮するなど大活躍。
  • アース・バーガー
    同盟国たる日本。そして地球を護るために地球防衛軍を率い宇宙怪獣ギララと戦った大統領。
  • マイケル・ウィルソンJr.
    史上最強の第47代大統領。その伝説はこちらを参照のこと。

関連項目[編集]