天外魔境ZERO

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天外魔境ZERO」の項目を執筆しています。

天外魔境ZERO』(てんがいまきょうゼロ)は、1995年12月22日にハドソンより発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトである。天外魔境シリーズのみならず、日本のゲームソフトでは初めて売春・女遊びの概念を取り入れたRPGである。

概要・システム[編集]

天外魔境シリーズでは唯一低品質で低スペックで有名なスーパーファミコン作品であるため、(GBA版のオリエンタルブルーを除けば)声優やアニメーションといった天外魔境の重要な要因を含んでいない。このため、一部の天外ファンからは鬼子として扱われ、また一部製作者サイドからもなかった事にされている作品である。本作最大の特徴はPLG(パーソナル・ライブ・ゲーム)システムと呼ばれるシステムとぜんまい式の時計である。このシステムによりプレイヤーは実際の時間・季節と同じようにゲーム内を楽しめるという画期的なシステムだが、いろいろと問題もあったようでその後の天外魔境シリーズにはほとんど搭載されていないという不遇のシステムである。

なお、このころのハドソンは、タクティカルウェザーシステム(新桃太郎伝説)など、ちょっとしたシステムに仰々しくて面白い名前をつけるのに凝っていたようである。

出会い茶屋[編集]

このゲームの根幹をなすシステムである。出会い茶屋については諸説あるが、「風俗店」と「ラブホつきの出会い系」とのあいのこのような性格を持つ。気に入った女の子は、女の子の同意があればお持ち帰りしてかまわない。入店料は市価の数倍のお菓子をひとつ買えばすむという良心的な価格設定である。現実の世界とは異なり、18歳未満でも入店することは可能である、というかゲーム中では18歳未満しか入店しない。

イカす度[編集]

主人公たちがどれだけイカしているのかを五段階で図る画期的なシステムである。

  • イカす丸というアイテムを使用すると上昇する。
  • イカず丸というアイテムを使用すると下降する。
  • うんこのついた装備品を装備すると下降する。
  • 女の子に家を買ってやると、男前ということかどうかしらないが、上昇する。

これはほとんど必殺技使用時のグラフィックがわずかに変動するだけである。上昇すると実に調子に乗った主人公たちを見ることができる。

ストーリー[編集]

太古のジパング(日本とはまったく関係ない)は火熊国、孔雀国、鶴国、亀国、犬神国、竜王国の6つの国(国とはいうが、実際に国家に分かれているわけではなく県程度のものである)に分かれており、それぞれの国は神獣というでかくてモフモフした生き物(各国にひとつずつある神社の本殿に住み着いている)によって守られていた。古代の習わしにより、永遠の火(その実態はヘリウム3を用いた核融合反応)の意志によって選ばれた火の勇者(ライデインは使えない)が竜王国の王となり、ジパングを代々束ねていた。弟王が竜王国の王に選ばれるが、兄の兄王(いわゆるダメ兄さん)はそれに反発。600年前に火の一族と戦い地獄門に封印されていたニニギによってそそのかされた兄王は、兄を止めにきた弟王をニニギパワーで殺害する。復活したニニギは地獄の軍団を従えて瞬く間に神獣を封印し、ジパング全土を支配し、邪魔になった兄王様はおにぎり一個で過酷な労働を強いられる事になった。

一方、火熊国の片隅に住む火の勇者の少年ヒガンはいつものように炭仙人の元に親友のゲンコツ(弱いジャイアン)・ビンタ(スネオ)と力をあわせ、ついに今まで「アンコまみれ」「ウンコまみれ」にされていた炭千人を炭小屋まで征伐する。しかし時を同じくして、ビャクエンお爺ちゃんがニニギの手下の絶対レイド(本名)に殺された事をきっかけに勇者として旅立つこととなる。

登場人物[編集]

主人公[編集]

ヒガン(火眼)
火熊国・火影村に住む12歳の三度の飯より女遊びが好きな少年。作中では無口で、おそらくゴルゴのような性交渉をするだろうと思われる。武器は身の丈以上に巨大な剣であり、気休め程度の術を使う。ヒガンの母親はビャクエンの娘であり、ヒガンの父親は竜王の剣士(オルテガ)である。竜王の剣士の務めとして闇の大穴に行ってそれっきりであるため、実は生きているような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ

ヒガンと関係を持つ女達[編集]

あきな
火熊国の出会い茶屋で働いている風俗嬢。彼女と意気投合するとヒガンに懐いて家をオネダリしてくる。おそらく、普通にいくとヒガンが素人童貞を捨てる相手になる。趣味はバイブレーターの収集で、高性能なバイブレーターを購入し彼女に渡すと、「新しい玩具とあなたのアレを両方味わわせて」とばかりにアーン♥♥となり、翌朝になると普段は自慰行為以外することがなくて暇で仕方がない彼女が作ったお菓子などをくれる事になる。このお菓子は序盤の換金アイテムとして非常に重要であり、難易度を左右する。ちなみにお土産の大人の玩具を忘れると家から追い出される。
まりな
孔雀国の出会い茶屋で働いている風俗嬢。四日連続で会いに行くと、家をオネダリしてくる。ただし、買った家には布団がなかったというオチがあるため、彼女と寝るには羽毛布団を買ってくることが必要である。その後の彼女はお土産がなくてもアーン♥♥後にお弁当などをくれる。さらに最強防具「手編みのセーター」シリーズを作り出すすごい職人でもある。
ももこ
鶴国の出会い茶屋で働いている風俗嬢。相手が嫌がっていようがなかろうが、ひたすら嫌がらせのように手紙を書くのが趣味の困った女。彼女を囲った場合は○○○後にひたすら手紙を書いてくる。最初は「昨夜はヒガン君のあれ、すごかったね。いやん。」程度だが、徐々に脅迫めいてきてプレイヤーに精神的苦痛を与え、最後には「これから自殺します。じゃあね。」という別れの手紙を送りつけてくる。これをとめるには八通目の手紙を受け取る前に彼女に再度、アーン♥♥するしかない。よく言えば主人公を心から愛している女性だが、プレイヤーからの評判はすこぶる悪い。今現在で言うヤンデレと呼べるかもしれない。
ヨネ
犬神国のマニアックな出会い茶屋で働くおばあさん。彼女はお金があればほぼ無条件で家を買ってあげることができ、その代金はローンで払うことができる。残念ながら数年前に閉経が来たので、アーン♥♥は無い。得意料理はおばあちゃんのぽたぽた甲羅饅頭である。
ミホ
犬神国大虎町の出会い茶屋で働くキンキン虫の一種で、SM嬢。ももことは違う意味で酷い

主人公の手下[編集]

ヒスイ(翡翠)
火熊国と犬神国の間の雑木林に住む妖精の女性。20年に一度転生する火の妖精であり、CRC5-56(クレ556)のような粘液で金属の錆を落とす力を持つ。残念ながらもうすぐ寿命が来ていたため、処女のまま死んだようである。好色家ヒガンの手に落ちなかった珍しい女性。「さよなら」といういわゆる「テレポ」「とんずら」的な必殺技を持つ。
スバル(昴)
谷村新司とはまったく関係ないややぽっちゃり目のロリ幼女。実に珍しいゼロ歳の幼女だが、見た目は普通の年齢の幼女と変わらない。ゲーム序盤でヒスイが転生して主人公のピンチに颯爽と駆けつけ、その後ヒガンの後をテクテクとついて回る穢れのない天真浪漫な少女で、ヒガンが大人の社交場である出会い茶屋に行くときでも「やっほー、ヒガン」と微笑みかけるなど、いい意味で空気が読めない。服装はどこの国の人かわからない無国籍な服装で髪は茶髪である。いわゆる魔法使いタイプだが、バランスを崩すアクセサリー楓の櫛を装備して召還術を使いまくると鬼になれ、またゲーム中二番目に最強の必殺技ゴクラクチョウも持っている。
終盤は空気気味だが、ゲーム中のとある場所で「将来的にヒガンとエッチな関係になる」という暗示がある。
テンジン(天神)
菅原道真とはこれっぽっちも関係ない美形青年だが、実は600歳ぐらいのご老体である火の一族の生き残り。ステータスは中途半端で鏡を武器に戦う某教授のようなお方。体の中に恋人のミズキが隠れていて、笛を吹くとミズキが体内から出てくる変態体質の持ち主で、この世界の人々には「女装癖がある変態」と思われている。
ミズキ(水貴)
樹里、砂羅、水貴という三姉妹の末っ子で二人の姉に似ず超絶美人の二刀流剣士である。ステータスはパーティ内最強で、自らの命の半分を削って繰り出される奥義『ちゃぶ台返し』は、某巨人☆父のちゃぶ台返しを遥かに凌ぐ大技である。前述の天神とは相思相愛の仲だがお互いにお互いが入っているというカオス設定なので触れ合うことすら出来ない。しかし魔王ニニギを倒した後、天神と水貴の子供が出てくることについては誰もが首をかしげた。
極楽チョウ
スバルが従える最強の愛玩動物。生物Xの心、体、謎、頭を与え、サナギを40時間~49時間59分間もの間、糠床に寝かせておくと発生するらしい。その姿を見ると名前どおり極楽へいけるらしいが定かではない。
シラヌイ(なぞのけんし)
白銀のマントを纏ったブラックジャック先生である。それ以外は一切不明。なぜならそのほうがカッコいいから。
ビャクエン(白炎)
ヒガンの祖父。ハゲ頭を武器に戦う凄腕剣士だったが、絶対レイドに殺される。