天気

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天気」の項目を執筆しています。

天気(てんき、:Heaven Mood)とは主に人間の持っている不思議な気分である。時には天候にまで影響を及ぼす可能性があり、天気予報としてニュースでも取り上げられるが誰も気にしない

語源[編集]

天国にも昇る気分の意味合いをとって「天気」と我々は読んでいるため、天気という感情をは一言では言い表すことは難しい[要出典]。人間の持つ何かが天まで届くこともあり天候を変える一因となっており晴れに近い天候である場合には天国にも昇る気分(正の天気、プラスの天気)、に近い天候である場合には地獄にすら降りる気分(負の天気、マイナスの天気)になる事が推測されている。天気を天候の意味で使うのは誤りという意見もあるが、近年では否定されている。

概要[編集]

空間や環境に大きな影響を与える重大な気分である。人間の気分によって干ばつや洪水が起こり、生態系や環境が破壊される恐れがあるので、専門家動物愛護団体、その他から危険視されている。彼ら彼女らは人間の気分次第で環境に影響を与える事を良い事とは感じていない。複数人で同時に天気を感じた場合、その効果が相殺されたり相乗されたりする。相殺されるか相乗されるかはランダムに決まるため予測する事はできない[1]。一応、気象予報士なる天気を予想する職業が存在しているが天気ではなく天候の方を予想するため、人間の天気の奥底までは知ることができない。ストレスが溜まっている場合、天気を感じる事は絶対に無い。

天の薬を摂取するとその効果(主に正の天気)は増大する。しかし、効果が切れると負の天気を感じる事が非常に多いため、天の薬の販売は獄の薬と共に法律により硬く禁止されている。

周囲への影響[編集]

天気を感じた場合の周囲への影響を記す。

気温の変化[編集]

暑い時に天気を感じると寒くなり、逆に寒い時に天気を感じると暑くなる。複数人で天気を感じると気温の変化が激しくなる。未開の地グンマーの原住民は天気を感じ易く、気温56℃を観測したことがある。それはグンマーに住む人間の知能レベルが残念ながら低くなってしまっているため、一般的な人間よりプラスの天気を複数人で感じやすいので太陽のエネルギーがその部分だけ高まり、暑くなるのである。気温の変化は下記の天候の変化に比べてあまり発生しない。

天候の変化[編集]

一般的には喜び、怒り、悲しみ等の感情によって変化すると思われているが、実際はそれらの感情は関係していない。元の気候によりどう変化するか決定される。

元の天候が晴れである場合
一人で感じた場合は靄靄に変化する。
複数人で感じた場合は、相殺されて変化しないか、相乗されて雨に変化する。
なお、晴れの日に天気を感じるのはマナー違反とされている。
元の天候が靄靄である場合
人数に関わらず雨に変化する。
この効果は相殺される事も相乗される事もない。
元の天候がである場合
一人で感じた場合は晴れ雷雨台風砂嵐のいずれかに変化する。
複数人で感じた場合は酷い悪天候になると言われている[2]
雨天ではストレスを感じ易いため中々天気を感じる事はできないが、低確率で晴れるため天気を感じる事が望ましい。

その他の変化[編集]

  • 複数人で天気を感じながら揺れると地震が発生する[3]
  • 天気を感じながら墜落すると隕石が落下する。
  • 水泳中または水浴中に天気を感じると津波が来る[4]
  • 砂場で遊びながら天気を感じると土砂崩れが起こる[5]

人間以外の動物[編集]

天気は知能によってもたらされるものであるため、人間以外の動物にはあまり見られない現象である。知能に乏しい人間は一般的にに比較的近い。それらの人々はが天にも昇る気持ちで満たされているため、脳天気と呼ばれている。何故天気を感じるために知能が必要なのかは解明されていない。

天気を感じたとされている動物は下記の通り。

  • ゴリラ - ゴリラ日和を引き起こした。ゴリラではなくゴリラに限り無く似た人間とする見解もある[誰によって?]
  • - 竜巻を引き起こした神話が残っている。
  • - 蚊を繁殖させた。なお、一匹の蚊自体は知能を持たないが、群れで小さな知能を形成している。

また、会話ボットであるガースー2021年8月6日広島平和記念式典にて天気を感じた事が確認された。会話ボットであるにもかかわらず、「原爆」を「原発」と読み間違えたり挨拶の一部を丸ごと読み飛ばすなどエラーを連発した。おそらく彼はあまりに人間に近いロボットであったがために、一時的に脳天気になってしまった可能性がある。コンピュータが天気を感じた事例は初めてである[6]

同調圧力[編集]

多数派の意見により周辺の気圧を歪めて少数派の意見を蔑ろにし虐げるという作用が存在し、日本国内では複数人がこの天気を感じるため台風をもたらす一因になっている。

天気障害[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天気障害」の項目の代わりに「気象病」と「気分障害」の二つを執筆しています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

子供によく見られる症状で一定時間天気を感じる事ができなくなる。生命に危険を及ぼす可能性がある。成長と共に自然と発症しなくなる。一説によると子供の知能が未成熟であるのが原因である。なお、症状が悪化すると悪天候になる恐れがある。天の薬を摂取すれば改善するが、医療用の天の薬はあまり出回っていない。また、天気を感じる事による被害を抑える為に敢えて改善させない選択を取る親も多い。近年では寧ろ天気による被害を無くす為に敢えて天気障害を発生させる研究も行われている[不要出典]。充分な睡眠や食事を摂っても回復しない場合が多い。ストレスにより天気を感じなくなる事は天気障害とは呼ばれない。

ある特定人物の強い脳天気によって、予想だにしない天気障害が起こる可能性がある。例えば元テニスプレイヤーの松岡修造氏が日本国内にいる場合に起きる気温の上昇は松岡氏の持っているプラスの天気により生じるものである。また、雨男雨女、晴れ男晴れ女なる存在もプラスかマイナスの天気を心のどこかに秘めているからだと推測される。なので雨男がてるてる坊主を明日の遠足に使ってもそれはただの天気を認識することのできない紙くずであるため、逆さまにしようが何しようが悲しいことに現実は何も変わらない。

脚注[編集]

  1. ^ なお、複数人で天気を感じた時の効果予測する詐欺があるが、これは「天気効果予測詐欺」と呼ばれている。
  2. ^ 雨天において複数人で天気を感じた記録は殆ど残されていない。
  3. ^ 関東大震災阪神・淡路大震災東日本大震災など。
  4. ^ 東日本大震災など。
  5. ^ 令和3年7月伊豆山土砂災害など。
  6. ^ そもそも、コンピュータは感情を持たない筈である[要出典]

関連項目[編集]

2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「天気」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「天気」の記事を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「天気」の項目を執筆してくれています。
214.gif この記事、「天気」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)