女子高校生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女子高校生(じょしこうこうせい、女子高生、JKとも)とは、常識的に考えると、女性が歩む人生のワンステージ、もしくはそのステージ上に今いる女性のことである。が。

典型的な女子高校生。彼女のようなブレザー派の他に、セーラー服を着用する一派も存在する。

JKビジネス視点[編集]

JKビジネスの視点から見ると、女子高校生はビジネスの担い手として必要不可欠、かつ日本の中でもごく一握り、女性の一瞬の青春時代にしか見られない、極めて希少な労働者である。

その賃金はそこらのアルバイトよりも高いことでも知られており、そこからいかに付加価値の高い人材であるか理解できる。

一方、性病の感染リスクや学校バレリスクなど、多くのリスクを抱えているため、実はそのリスク込みで考えた場合は安すぎるという見立てもある。現在の日本では、その考えやその他の青少年を自分で判断できない子供扱いして過剰に保護する諸々の法律によって、ほぼ間違いなく違法扱いされることとなる[1]

ロリコン視点[編集]

ロリコンから見た女子高校生は、希少価値の高い性的対象である。

日本では女子高校生が女性の人生において最も麗しいと考える一派が今でも根強く、彼らに言わせれば、あどけなさの残り過ぎる女子中学生や、働き始めてその苦労のにじみ出たさまが感じ取れる同年代の女性労働者、化粧を本格的に始めてしまって見る影もなく化けてしまう女子大学生にはない、得も言われぬ10代特有の儚い魅力が女子高校生にはあるとされている[要出典]

多くの場合、ロリコンは初恋を拗らせた結果であるが、女子高校生に彼らが惚れるのは、彼らが女子高校生の個人的な容姿ではなく、制服効果や肌の艶に惚れているからだと考えられている。

何も知らない中学生までのガキと青春ものの視点[編集]

青春ものでは、高校時代は人生で最も輝きのある時期としてしばしば描かれており、男女とも極めて魅力的な形で、自由でのびのびとし、充実した過ごし方をする存在として扱われる。

女性が主人公である場合は大抵は部活の成長目覚ましいエースであり、主人公でない場合は、体育系の部活のかわいいマネージャー兼主人公の名サポート役(幼馴染もしくは恋人)として描かれることが多い。

実際の高校時代を過ぎてしまった大人たちは、それらの描写が大方の場合幻想にすぎないことをすでに知っているが、まだ高校生を経験していない中学生にとっては、女子高校生はカッコいい/キュートなお姉さまに映るのである。

常識的に考えて[編集]

このように女子高校生は非常識なほど持ち上げられているので、夢見る人々の目を覚ますために、いつの頃からか、JKという略称が与えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 違法化することでかえってリスクを高めているのは、新型コロナウイルスを恐れるあまり、直接的被害に比して経済的打撃が大きい日本のお国柄にも合致した、極めて伝統的かつ滑稽な方法である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「女子高校生」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Bouncypotato.gif
この記事「女子高校生」は何故か「女子校生」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。