女性セブン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

女性セブン(Josei Seven)とは、小学館が発行している女性のためのロウクオリティな週刊誌である。東京スポーツを読むほどの気品がない女性を中心に愛読される。

概要[編集]

常に新鮮な話のエサを求めつづける淑女たちのために、1963年創刊された。

今までにという言葉がない表紙はなく、女性の股間を疼かせ、エンドルフィンを放出させるようなセンセーショナルなスクープが踊る。ページをめくると1ページに2回から10回の頻度でちんこまんこセックスという語が踊る。

東京スポーツと同様に極めてクオリティが高い報道を行うことで知られる。これは東京スポーツのようにわざわざ訴訟でお墨付きを得る必要すら無く、更に東京スポーツ報道大賞は、もともと強敵である女性セブンを讃えるために創設された賞である。近年もっとも反響を呼んだスクープは、ある女子アナが妻子持ちの屈強な男と固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツをプレイしたという報である。また、女性自身週刊女性を含む三大女性週刊誌の中では皇太子妃雅子妃殿下を最も篤く支持していることから、アジアの特定の地域を愛する市民たちが深く関わっていることがよく勘ぐられている。昨今では爪が割れたという事実が夏でも靴下を3重に履いてそうな胡散臭い風水師の証言によって、何故がの爪を無理矢理引き剥がすという真実を暴くことに成功した。たちが日本中の街角至る所を走り回り、あらゆる市町村で視覚的な大惨事が見られたという。

近年では自社ヘリ部隊まで動員し、から当誌を大量に落下させる宣伝キャンペーンまで行っており、紙の束が凶器となり国民の頭を直撃するのではと心配されている。また、編集部局では住民票の偽造を行っているという嫌疑がかけられており、ある不可解な都市伝説についても当誌が流したデマであると断定された(ニュースソース...)。2009年5月に入ると、ある美人セレブタレントが今や落ちぶれ、場末のウリスト教会の牧師をしているというスクープを報じたが、昨今の当誌の内容はあまりに支離滅裂であったため、誰も相手にされなかった。

政府側の対応[編集]

女性セブンはもちろん、以上のような扇動を行う如何わしい不良図書として公安当局からは目をつけられているが、女性セブン関係筋の証言によると、あまりの過激さ故にこの雑誌を欲するものが後を絶たず、サイレントマジョリティとして無視できない勢力となっていると言われている。彼は公安が早く女性セブンを読みたいがために、その誌名から編集長は頭に七の付く人であると推定して雑誌編集を鼓舞していると主張している。外部からも気にしない方がいいという声もよく聞かれるが、女性セブンの雑誌発行部数が読売新聞ほどに急増することによって社会の秩序が乱れることに疑う余地は無く、購買層は公安の職務遂行を軒並み歓迎している様子である。ただ、それでも処置自体は支持しつつ「こんな ごしっぷしに まじに なって どーすんの」といった向きも根強い。

関連項目[編集]

  • 入国審査 - 女性セブンの密輸業者や、海賊版輸入業者の取り締まりのため強化された

外部リンク[編集]