出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「」の項目を執筆しています。

(フ)とは、神に仕える女である。

概要[編集]

表意文字で「(おんな)に帚(ほうき)」すなわち「を持つ女」「掃除(家事)をする女」として20世紀後半に起こったフェミニズム運動から「女に家事を強要する差別的表現」として規制の対象とされた。その結果、看護婦が看護士(or師)と改称されるなど、言葉狩りの餌食となったのであった。

本来の意味[編集]

神に仕える乙女たち。

箒とは掃く道具、すなわち「清掃」の語にあるように「清める」意味を持っている。元来は衛生環境の維持よりも聖域を掃き清めることで結界を張り、その中へ々を迎える意味合いをもって用いられた。その逆に、箒を逆さに立てる「逆さ箒(さか - ぼうき)」は嫌な来客、すなわち魔を退ける力を発露する。このように、家という結界に外界のモノを迎えるも追い払うも、すべての権限は「箒を持つ者」、すなわち神々の傍ら近くに仕えた女が握っているということである。その事から、婦は巫(フ)に通じ、心身を清めて神に仕える女を巫女(フジョ、みこ)と呼ぶのである。

派生品[編集]

箒の「掃く」という働きは「祓う」に通じ、その事から神を招き、魔を祓う(ぬさ。抜(ぬ)くも挿(さ)すも神意、に由来)という神具が生まれ、更には払子(ほっす。こちらは仏具)が生まれたのである。逆に言うなら箒には幣と同様の霊験が認められており、その箒を用いる掃除という仕事を、決して馬鹿にしてはならないのである。どうせ誰かがやらなければならない事なのだから。

関連項目[編集]


この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)