字幕スーパー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社字幕スーパー
種類 株式会社
本社所在地 001-0010
北海道札幌市中央区北10条西10丁目
設立 1990年8月31日
業種 小売業
事業内容 チェーンスーパーの経営
資本金 1200億7800万円
売上高 1兆3450億4500万円
従業員数 23万人
決算期 3月
主要株主 字幕ホールティングス(100%)
主要子会社 ハイビジョン製作株式会社(100%)インポーズ株式会社(100%)

株式会社字幕スーパー(かぶしきがいしゃじまくすーぱー)とは北海道札幌市に本社を置く日本最大手のスーパーマーケットチェーンである。全国のテレビ番組に「字幕スーパー」のロゴを入れることで有名。

また字幕ホールティングスの親企業でもある。

字幕スーパー創設の歴史[編集]

創設者、大上一郎8月31日夏休みの溜まった宿題をしている時に「スーパーに行きたい…けど近くに無い。なら作ってしまえ」という軽いノリで作ってしまったのが始まり。

急速な市場支配[編集]

創設者が軽いノリで作ってしまった会社だが、爆発的な人気とブランド力により、わずか10年で売上高が1兆円を超す。 これにより多くの小売企業は倒産してしまい。2002年5月に事実上の市場支配をした。

テレビ番組による独占宣伝[編集]

急速な市場支配により日本最大手となった字幕スーパー株式会社は、テレビ番組に目を付け2003年にゴランノスポンサー社と提携し、番組に「字幕スーパー」のロゴを表示するようになった。これによる宣伝効果でさらに売上が伸びた。

1990年代頃から、番組中でも宣伝を行うようになった。主に出演者の発言内容を強調することが多い。

字幕ホールティングスの設立[編集]

2004年ごろ、全国から「テレビ番組の独占ロゴ表示は独占禁止法に違反しているのではないか」という意見が相次いだため、字幕放送株式会社株式会社ハイビジョン製作を買収し、字幕ホールティングスを設立した。

その後幾多の変遷を経て、現在では主に字幕ホールディングスの略称である「字幕」、もしくは傘下社名の「字幕放送」を番組で表示するようになっている。また2011年頃からは他社のCMでも、提供店であることをPRする目的で「字幕」商号を表示する場合がある。

社会貢献[編集]

地デジ後、社会貢献として、テレビリモコンをこうしてこうすると、宣伝が表示されるようになった。その宣伝は、耳が不自由な人から大変好調をよんだ。

インポーズ社[編集]

1956年創業のスーパーマーケットチェーン。スーパーインポーズブランドで運営を行っていた。

日本テレビの朝の時間帯(6時30分 - 7時50分)で他社に先駆けて番組内で時刻つき宣伝を表示。その時は、社名等は一切告知されず、時刻のみの表示で宣伝効果について疑問が持たれた。

創業後しばらくしてゴランノス社と提携し、テレビ番組へロゴを表示するようになった。

字幕スーパー社と非常に似た業態であり、たびたび特許裁判などで醜い争いを行っていた。しかしながら、テレビ等で報道されることは一切なかった。裁判中でも両社ともテレビ等で宣伝を行っていた。

2002年5月に字幕スーパー社による事実上の市場支配後、有り余る現金を用い、ノリで字幕スーパー株式会社に買収される。

買収後も字幕スーパー、スーパーインポーズの両ブランドが併存しているが、どっちがどっちか分からなくなり、字幕社を現しているつもりが、インポーズ社を現してしまったり、また、その逆も見られた。とくにテレビ業界で見られる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「字幕スーパー」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
この項目「字幕スーパー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)