学会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避
創価学会」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「学会」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「学会」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「学会」の記事を執筆しています。

学会(がっかい)とは、研究発表を主目的とした研究団体の総称である。

概要[編集]

学会は様々な分野において、同分野の研究者[1]が自発的に集まって形成される。公的な法人格を持つ学会もあるが、これは「分野の発展を図ることを主たる目的とし、かつ「団体」として活動しているもの[2]」「運営が第三者ではなく、学会員によって全て行われている」「構成員総数が100人以上」という条件を満たした上で申請を通さなければならない。また活動に関する事務手続きの煩雑さから、公的な認可を受けずに活動する学会も多い[要出典]。一般的な規模としては10名前後が普通とされている。

学会活動は基本的に非営利とされ、交通費相当額程度が報酬として支払われる。入会資格は学会により様々だが、過去の活動や熱意を評価されて入るケースがよく見られる。

学会発表[編集]

活発な質疑応答

学会発表は公会堂等を使用し、日頃の研究成果を発表する形をとる。非学会員でも客として参加が可能で、その際にはパンフレットなどを購入して参加券に代える手法が取られる。発表時間は各学会によって異なるが、複数の学会が参加する場合でも半日程度と短く、客として参加する場合は予め予定を立てて回ることが求められる。 また学会員への質問時間が設けられ、発表内容に関する質問を受け付けるのが普通である。

学会発表は研究業績として認められると共に、今後の活動への繋ぎにもなる為盛んに行われる。中でも夏冬の大型連休を使って行う学会発表は、非常に多きな規模となっている。定員の関係などで、交流のある別の学会に研究成果や学会誌(後述)を預けて代わりに発表してもらう事も。これは委託発表と呼ばれるが、直接の発表に比べて評価は若干落ちるとされている。

学会誌[編集]

会員の研究成果発表のために発表されるもので、学会の主要な活動である。内容は分野によって様々だが、非常に専門性が高いものが多く他分野の人間には大抵理解出来ない[3]。学会誌は販売ではなく領布とされる事が殆どだが、これは学会活動が非営利だからでなく[4]単に慣習でそうなっているだけである。

学会誌は基本的には市販されないが、一部の学術書店では例外的に陳列される。ただしこれらは当初の領布時よりも価格が高く設定されがちで、また学会の利益もならないため学会活動を支援する気持ちがあるならば学会発表で直接購入する方が望ましい[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 学会員と呼称される
  2. ^ 所謂「個人研究者」は団体ではないため除外される。
  3. ^ 例えば特殊数学学会の学会誌の場合、一般には理解しがたい乗算が多数扱われる。
  4. ^ 希に「団体の赤字救済」を理由にして高額の有料領布が行われる。

関連項目[編集]


林修03.png 「でも」や「しかし」、こういった接続詞があなたの「学会」への加筆を邪魔している。…じゃあ、いつ加筆するか?今でしょ! (Portal:スタブ)