孫乾

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「俺はよ、関羽張飛ほどじゃないけどさ、一番古いんだぜ?ってかよ。手紙とかさ連絡役でさ、俺がやらなきゃだ~~れもやらねぇじゃん。それでさ、諸葛亮~!!俺さ、蜀漢帝国が出来上がったときなんかさナンバー5だぜ?ねぇ、趙雲とか諸葛亮よりえらかったんだぞ!!それでいてど~~~~してこんなに影薄いわけ?!訴えるよ。本気で!」
3人めの「ソンケン」について について、孫乾
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「孫乾」の項目を執筆しています。

孫乾 (Sūn Qián、そんけん、? - 215年か216年ごろ) は、字は公祐(こうゆう)で、北海郡出身。蜀漢重臣の中の重臣であるが、しかし、「そんかん」呼ばわりされるなど、非常に影が薄い人である。外見は張郃よりもはるかに派手な服装で仮面魏延の仮面の5倍ぐらいのサイズだがこの状態で一日に3人の人に声をかけられればこの日は一番目立っていた日に数えられる。

かわいそうな人[編集]

北海郡の豪族出身で、『大徳元本』(著者未詳/モンゴル王朝の元代の大徳年間の野史)によると、戦国時代軍師で、障害者でもある孫臏の末裔という。また、裴駰(裴松之の子)『史記集解』によると、夏侯嬰の末裔だという。

もともとは鄭玄の門下生である。孔融陳登などと交流を持っていた。さらに鄭玄の親友の陶謙の推挙で、その外交能力と度胸・豪胆などを買われ劉備の幕僚となった。彼はほとんどの外交を成功に導き、同盟や共同作戦の要請などには無類の能力を発揮した。しかし影が薄いことで存している。

実は剣術も大変優れており、実際に戦えば呂布を相手に10分は生き延びられる。参考までに張飛は20分ぐらい、黄忠だと3分が限度。しかし影が薄い。

かの山内一豊と並んで立つと3分もしないうちに肩にはすずめが止まる。足にはに用を足され、挙句人にぶつかられて「ひ、人だ!?」と驚かれる。気配を消すのはめっぽううまい。忍者になれば間違いなく服部半蔵のように有名になっていたとされている。しかし影が薄い。

酒の強さは星彩にも匹敵する。呂布と戦っても飲み比べなら間違いなく勝利を収められる。諸葛亮と舌戦しても5分5分の戦いが出来る。しかし影が薄い。

お笑いの才能も大いに備えており、蜀漢のメンバーで宴会があればすぐさま主役になり大いに宴席を沸かせた。簡雍とともに正月の顔である。しかし影が薄い。

孫乾はあまりの影の薄さに極めて稀におまかせ表示で調べられるにとどまる。検索をしてもこの記事が表示されるが誰も検索などしないためやはり影が薄い。

この記事から移動は出来るがリダイレクトがあるわけでもなく、他の記事では青リンクにさえならないほど陰が薄い。そもそも出てこない名前である。影が薄い四天王よりさらに影が薄い。

あまりの影の薄さゆえ、かどこぞのアンサイクロペディアのパクリサイトの「孫乾」の項目は僅か数行(1000バイト余り)である。外交で結構頑張っていたのに。

関連項目[編集]

そんなものは誰も気にしない

この項目「孫乾」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)