寛解

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
「か・い・か・ん」
寛解 について、グリースガンを持った女子高生

寛解(かいかん、英:Card Reader Pachinko)とは、病気または症状が一時的に和らぐことである。読みが「かんかい」のような気もするが、誰も気にしない。

概要[編集]

「治る」ということを「健康体に戻る(健康体 = 非病気の状態になる)こと」あるいは「元の状態に戻ること」のように解釈した場合、大きな怪我であれば、体に金属片を埋め込まれたと後で騒ぎたてられる、「ハゲ」「包茎」「インポ」などの言葉に対して傷痕が残るなどの後遺症が生じる場合がある。

たとえ治療が終了したとしても、それを治癒と呼べるかどうか微妙な問題をはらむ。

さらに、遺伝的(体質的)な問題がからむ病気やいわゆる不治の病である場合、治癒というのは存在しないことになる。いわゆる、馬鹿は死ななきゃ治らないとう言うことである。

そういった意味で、医学的には寛解(かいかん)という語を用いる場合がある。

これは永続的一時的を問わず、病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態を指す。すなわち、一般的な意味で完治せずとも、臨床的に「問題ない程度」にまで状態がよくなる、あるいはその状態が続けば寛解したと見なす。

発車直後の始発列車が、ちょっとだけ加速して、なんかモタモタしている状態をさすこともある。この時には、運転士が居眠りしていた状態が、一時的に寛解したかどうかを車掌が確認している。

軽快(英:Lose Weight)[編集]

ほぼ同義語として軽快が挙げられる。これは、文字通り病気が軽くなったことを意味する。特にピザの治療に用いられる。すなわち、入院すればピザが一か月で10%くらい治って帰っていく。その結果、体重が軽くなって、膝や腰への負担が減り食べ歩きなどを楽しむことができ、また自堕落快適な食生活に戻ることができるのである。

有効(英:Partialy Response)[編集]

背中を畳につけて仰向けに寝っ転がっている相手が、ポテチを食いながら強く早くぴーぴーしている状態。技ありと違って、2個貯めても勝ったことにはならない。

寛解と認められない例[編集]

不変(英:No Redeeming Changes)[編集]

変わり者でない状態。もしくは、ごくふつうのつまらない人間です、と宣告された状態である。どっかのサイトでは致死的な影響を受ける場合がある。しかし、医者ひとりあたり100人近くの患者が待合室にひしめき合うような、混んでいる外来では一番喜ばれる状態かもしれない。

憎悪(ぞうあく、英:Hatred)[編集]

病棟にあふれかえるむき出しの悪意たちのことである。入院理由が「ムカついたから」「むしゃくちゃしてつい入院してしまった」と書かれることは珍しくない。たまに間違って増悪と書かれていることがあるが、心技体全てを治療する必要がある医療の在り方から考えれば、「憎悪」が治療を必要とする状態を示す兆候であることは間違いない。

進行(しんこう、英:Progressive Response)[編集]

憎悪と同じ意味で用いられる。風神録では、避けてばかりで敵を撃たないでいるとどんどん下がってしまう。また公道では後ろから鳴らされようが怖いあんちゃんが後続車から降りてこようが、適当に気が向いたら進めばいいが、鉄道の場合は、進まないでいると「こちら司令、●●Mの運転士さん、なにか異常がありましたか」などと怒られるはめになる。しかし、お客をドアに挟んだまま進行すると…お察し下さい。