寝起きドッキリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「寝起きドッキリ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「寝起きドッキリ」の記事を執筆しています。

寝起きドッキリ(ねお-)とは、交渉術の一種である。

概要[編集]

交渉術には、大別して二種類存在する。相手に有利な条件をちらつかせて誘うか、若しくは相手を騙すか。寝起きドッキリは後者であり、睡眠中に無理やり起こしたり寝起きの判断力が働かない時に交渉を持ちかけることで強引に言うことを聞かせる手法。日本では1980年代に流行し、寝起きに加えて重火器を持って交渉を迫る「早朝バズーカ」など様々な新手法が編み出された。

ただしバブル崩壊後の抜本的な法改正の中で「判断能力が疑わしい状態での交渉には、法的正当性が認められない」として実質的に規制されており、法的な契約には用いることが出来ない[1]のが現状である。

一般的な寝起きドッキリの手法[編集]

寝起きドッキリの例。

まず、相手が眠っている寝室へと入り込む事からはじまる。家人や管理者から合鍵を預かるなり抉じ開けるなりして侵入し、足音を忍ばせ小声で周囲を伺いながら接近する。その際、部屋の様子や寝姿などを記録しておく事も重要で、一連の様子を記録しておけば言質にみなる[要出典]

布団を捲るのは足元から、可能な限り最後まで起こさないようにする。全ての体勢が整ってから、わざと物音を立てたり顔に光を当てたりして偶然を装い相手を軽度の覚醒状態にしつつ突然大きな声を出し[2]、相手が困惑している状態で考える余地を与えないまま交渉をし自分に有利な結果を導き出す。尚、性交渉を求める寝起きドッキリは俗に「夜這い」と呼ばれるが、手法自体はほぼ同じである。こちらの場合は起こさないままで交渉する場合もあるが、それは交渉と呼べるのかどうか議論が巻き起こっている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 「法的責任能力の欠如」という状態であり、この状態での契約はクーリングオフ期間に関わらず破棄可能。
  2. ^ 驚かせて更に判断力を落とさせる為。

関連項目[編集]