寺尾聰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「寺尾聰」の項目を執筆しています。

寺尾聰(てらお あきら、1947年5月18日 - ? )とは、宇野重吉の息子として知られるベーシスト、俳優である。もしくはその替え玉の歌手俳優シンガーソングライターのことを指す。この人物は中の人が途中変更されたことで一部において知られている。

概要[編集]

病気になる前の姿。まだこのころはザ・サベージのメンバーだった。

この人物においては、一般には知られていないが、中の人が変わっているため、実質的には二人である。しかし、この件をあまり詳しく記載すると政治家ともつながりのある某事務所禁則事項に触れてしまい、本当に粛清されてしまうため、いくらなんでもうそまみれとされている当辞典サイトにおいても詳細を述べることは危険である。この人物は多彩な才能を示したが、誰も気にしない

最初の寺尾聰とされる人物は、当初二つのバンドにおいてメンバーとして活躍したものの、飽きっぽかったためか、その活動期間は短かった。ここで本人は音楽活動に見切りをつけ、親の七光りで俳優活動を始める。その際問題の某プロダクションとかかわりを持つ。この俳優活動はある程度成功していたとされる[要出典]

1977年、そこに悲劇が襲った。ストレスによる穿孔性胃潰瘍とされる胃の病気により倒れたのであるといわれているが、実際はお察し下さい。その程度であるならば速やかに復帰可能であったが、よくわからない事情によりその予後に起きた不良で静養先の東南アジアにて逝去してしまったのである。

ここであわてたのが某事務所である。幸いにも、逝去したのが東南アジアであったため、日本のマスゴミは彼の逝去に気づかず、さらにバキューン!!の届けもごまかし放題であった[要出典]。そのため、現地在住のそっくりさんに整形手術を行い、それを替え玉として採用した。しかし、その変化はごまかせなかったとされる。

当初、仕事の穴埋めのみで彼をなかったことにするつもりであったが、予想外にも、二人目は一人目よりも芝居の才能を示し、さらには一人目と同様に音感を示し、さらには歌手としての才能をも見せ付けた。なお、歌手活動に関しては各種問題発生により現在大規模活動はあまり行っていない。

継続力のない性格であり、いつもいつも親の七光りだと後ろ指を指されている。因みにロリコンでもある。

略歴[編集]

ミスター寄付金を頂点とするヘンタイサイトによれば、以下のとおりである。

1964年ザ・サベージを結成するが、1966年にヒット曲が出ると、音楽性の違いにより、解散。その後1968年ザ・ホワイトキックスを結成するが、1年もしないうちに解散。

1970年あたりからソロで活動するが、本格的に音楽活動を行ったのは替え玉である二人目であり、1981年には全曲を自らが作曲したアルバムにてアルバムセールス記録を樹立した。しかし、所属事務所との営業におけるトラブルおよび、俳優業への専念の意向もあり、1987年にて歌手活動は終了した。事務所側としてはバンバン活動させて稼ぎたかったのであるが、本人は一人目の替え玉であることを気づかれるのを恐れたため、むしろ小規模に活動したかったようである。しかし、歌手活動自体がいやになったわけではなく、独立後2006年から再開したが誰も気にしない。また、独立とは言えども某プロダクションとの関係が切れたわけではないようである。

俳優としての活動は親の七光りにて最初に出演した映画「黒部の太陽」にて、某プロダクションとかかわりを持ったことがきっかけである。そして青春ドラマおよびアクションドラマにて主に脇役として活躍したものの、特に替え玉である二人目の「西部警察」が有名である。また、1980年代後半ごろになると、(理論上の)父親の後を追いかけたいという思いを強く見せるため、黒澤明の映画に出演するようになるなど、文芸的な役をこなすようになった。

主な作品[編集]

当局の検閲により削除されました

脚注[編集]


死体を持ち去る程度の能力 この記事「寺尾聰」を書いた人は死に、しかも、その人の死体は何者かによって持ち去られました。その為、引き続きこの記事を書くよう、ご協力をお願いします。 (Portal:スタブ)