小学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小学校(しょうがっこう)は、JAPAN洗脳教育が行われている学校の1つで、4月1日に満6歳である入学(就学)して、修業年限(卒業までに洗脳を受ける年数)は6年。卒業後は、中学校に進学する。高等学校などによくある留年制度はめったに無いとされる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小学校」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

1872年明治5年)の学制発布で始まった日本の近代教育制度では、初等教育は、当初、尋常小学校という名称の学校で行われた。1941年(昭和16年)4月からの初等教育は、国民学校という名称の学校で行われた。国民学校には、6年間の尋常科のほかに、尋常科を修了した者が進学できる修業年限2年の高等科の制度が設けられていた。国民学校の尋常科は、1947年昭和22年)4月1日の学校教育法の施行とともに順次廃止されて、新制学校である現在の小学校に移行した。

ええ、まあ、それはともかく、一部の地域では、特に私立のいわゆる名門小学校に子供を入れようとする小学校受験がある。しかし難しいため、敗退する軍人も多々いる。

多くの小学校では、ランドセルを背中に背負って登校する。また一部の地域では制服や標準服もある。この制服を見て萌えるロリコンシスの暗黒卿ともいう)という人物もいる。 小学校の担任は全員ロリコンである。

小学校は本来は読み書き計算などの教育をする場であるから、本来は文字は小学校に入ってから学ぶことになっているが、大部分の子供はひらがな程度は読める状態で入学する。オレのように読めない場合はアホと認定されても仕方ない...

たいていの小学校には「学校の怪談」や「七不思議」がある。しかし中学校高校ではあまり聞かない。

以上、ウィキペディアとかを参考にして文章を組み立てた。

中学校入る前の、最後の新天地だから、ちゃんと遊んでね。

小学生自身による説明[編集]

小学校

1年2組 山田 太郎

 小学校は、6才になったら入る学校です。1年生から6年生まであって、卒業したら中学校に入ります。中学校や高校では、テストで悪い点をとってばかりだと、同じ学年をやり直す「留年」というのがあるそうです。僕は、小学校に留年がなくて、よかったなあとおもいました。

 小学校は、戦争が終わった後の「学制発布」で始まりました。調べてみたら、昔は「尋常小学校」といっていたらしいです。僕は「尋常」ってどういういみなんだろうなと思いました。お母さんに聞いたら、お母さんは
「お父さんなら知ってるかもよ。」
といいました。お父さんが帰ってきてから聞いたら、お父さんは<br />「知らない。」
といったので、がっかりしました。

 小学校は、公立と私立があって、私立の小学校は、テストを受けないと入れないらしいです。僕は、お母さんに
「私立の小学校に行きたい。」
と言ったら、お母さんは
「あんたは頭悪いから無理だよ。」
と言ったので、僕は怒りました。  ところで、電話番号、何?誕生日には僕の家に連れてくからさ。そして、ケーキでバラエティ番組の芸人がやっている真似をしはじめました。

 小学校に僕のお母さんは怒りに行きました。僕のお母さんが言うには悪くないのだからというのだけど、連れて行ったこのお父さんも起こっていて、先生はどちらが悪いかが分からなくなっていました。そしたら、パトカーまで来てしまいました。

小学校残留[編集]

場合によっては、中学校に入れるに相応しくない場合、校長の身勝手な判断で小学校残留を決定する場合が稀にある。 (がっこーきょういくほー参照)

やらせ[編集]

小学校生活6年間で、教師が生徒にやらせをさせる場合がよくある。例えば年度末にある離任式の時に見た事も聞いた事も話した事ない事務員へお礼の言葉を全校生徒の前で言わされる事があり、それぞれの小学校や、教師・校長の性格によって内容や量が違い、不公平。


関連項目[編集]