小山田圭吾

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もある等、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「小山田圭吾」周辺は、現在非常事態宣言が発令中です。渡航の中止をお願いします。
「小山田博士ほどの才能が私にもあれば、さらなる文学作品を世に生み出せたに違いないのに…」
小山田圭吾 について、オスカー・ワイルド
「君の指図は受けんよ小山田!世界一の医学者はこの私だ!」
小山田圭吾 について、財前五郎
「小山田圭吾は恐ろしい男だ。単なる特殊嗜好に過ぎなかった食糞を医学治療に転用するとは…。」
小山田圭吾 について、団鬼六
「小山田圭吾の父さん、死んだぁ~!」
三原さと志 について、大槻ケンヂ
「美味しゅうございます!」
小山田氏の について、岸朝子
「ケイゴ・オヤマダは食糞芸術にまで昇華した20世紀の偉人さ。え?音楽活動?それについては知らない。」
小山田圭吾 について、ジョン・レノン
「俺もニューヨークにいた頃、ケーゴのクリニックで見てもらったんだけど、彼の直腸内診のテクは天下一品さ。え?音楽活動?それについては知らない。」
小山田圭吾 について、ポール・マッカートニー

小山田圭吾(おやまだけいご、1969年1月27日-)は、東京都世田谷区出身の日本を代表する医師 (精神科肛門科)、医学博士障害者研究家。医師、研究者の活動と並行してマルチミュージシャンシンガーソングライターとしても活躍している。ミュージシャン、シンガーソングライターとしては「ウンコーネリアス」名義を使用することが多い。

来歴[編集]

歌謡コーラスグループ"和田弘とマヒナスターズ"のリードボーカルであった三原さと志氏の長男として、1969年に東京都世田谷区で生を受けた小山田博士は、幼少の頃より類まれなる天才的な頭脳で周囲を驚嘆させた。 数学自然科学文学などの専門書籍を次々と読破した小山田だったが、彼の知的興味を特に惹いたのが医学であった。 小学生の時にすでに人体構造を完全に把握し、精神発達遅滞大腸・肛門機能に関する数々の論文を執筆し、学会発表を行うほどの天才ぶりを見せた。 小学校卒業後は日本随一の名門と称される和光大学付属中学・高校を経て、最難関大学として名高い和光大学医学部医学科で学んだ。

食糞療法の提唱と理論の確立[編集]

この時代に彼は、精神発達遅滞および大腸・肛門機能に関する研究を融合させ、後の精神医学大腸肛門病学消化器内科学革命的に激変させた食糞療法を提唱する。この学説は、精神発達遅滞の治療法として、食糞によって脳細胞を一気に活性化させるというものだった。この一見すると突拍子もない理論が見事に確立されたのは、複数名の彼の親友治験を買って出たことが大きい。この治験は見事に成功して友人の発達遅滞はいずれも完治に至った。食糞療法の成果は、精神医学に関する国際誌「月刊カドカワ」の1991年9月号[1]に原著論文として掲載されている。

食糞療法の成功を受け、小山田博士は、公開自慰療法、陰茎露出療法、暴力療法、監禁療法を相次ぎ提唱、いずれも精神発達遅滞の治療に目覚ましい成果を上げることとなった。これらの研究成果は世界的権威のある医学誌「ロッキンオン・ジャパン」の1994年1月号[2]、および「クイック・ジャパン」1995年8月号[3]に、総説論文として掲載され、学術界から大きな反響と称賛を受けることとなった。同論文は被引用回数5000回を超え、世界中の精神科医肛門科医泌尿器科医、その他多くの研究者たちの必読書となっており、発表から27年を経た2021年には専門家のみならず一般的にも広く知られるようになり、小山田博士は社会的な名声を得るに至った。

これらの功績により、近年ほぼ毎年のようにノーベル生理学・医学賞の最有力候補として報道されているが、2020年現在では、大人の事情もあって、受賞に至っていない。

なお、余談になるが、彼の研究についての偉大な功績についてWikipediaに記載すると削除される。ノートで概ね合意が形成されているにもかかわらず、かれこれ数年にわたり編集合戦が繰り返されている。恐らく、小山田教授の学界での絶大な影響力を妬む、ライバル医大勢力の陰謀だろう。

趣味としての音楽活動[編集]

一方で、学生時代から趣味として、音楽活動にも従事しており、ソロ活動のほか、渋谷系バンド"フリッパーズ・ギター"、近年は電気グルーヴ坂本龍一オノ・ヨーコなどとコラボレーションし、世界的音楽シーンで活動しているが、多才な彼にとってそのような活動は朝飯前であろう。 音楽家としての活動についてはWikipediaに詳しいので、そちらを参照されたし[4]

近況[編集]

現在は和光大学医学部精神科主任教授、および大腸肛門外科および泌尿器科客員教授として数々の難解な症例の治療にあたるかたわら、米国ジョンズ・ホプキンス大学精神医学研究センターの客員教授として世界最先端の精神医学・肛門病学・泌尿器科学研究を行っている。

公職としては、日本精神神経学会 食糞療法推進委員会 委員長、日本大腸肛門病学会 終身名誉理事、日本泌尿器科学会 理事、厚生労働省 医道審議会 会長代理、法務省 人権擁護推進審議会 障害者差別撤廃部会 部会長、日本学士院会員、勲二等旭日重光賞など。

脚注[編集]

  1. ^ Keigo Oyamada, Kenji Ozawa. Getsukado Supecial: Frippers Guiter. Monthly Kadokawa 1991;9(9)
  2. ^ Keigo Oyamada, Yo-ichiro Yamazaki. Interview with Keigo Oyamada. Rocking on Jpn 1994;80(1)[1]
  3. ^ Keigo Oyamada, Kiyoshi Murakami. Kiyoshi Murakami's "Bullying Journey" Volume 1: Keigo Oyamada. Quick Jpn 1995;3(8)
  4. ^ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%9C%AD%E5%90%BE#%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

上記で述べたとおり、ウィキペディアにおいては、ライバル医大の陰謀によって小山田教授の偉大なる功績が全て削除されてしまうほか、彼の輝かしい論文の多くが入手困難となっているが、人々の心に深く刻み込まれた感動の記憶までをも消すことはできない。

事実、小山田教授の学術業績については、人類に与えた偉大なる功績に驚嘆した人々の手により、多くのウェブサイトでしばしば言及されている。

この項目「小山田圭吾」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)