小池重明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小池重明(こいけじゅうめい、1947年12月24日 - 1992年5月1日)は愛知県名古屋市出身のアマチュア将棋指し。真剣師。「新宿の殺し屋」の異名をとった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小池重明」の項目を執筆しています。

序章[編集]

1974年に愛知県に生まれる。父親は定職に就かず博打と酒に溺れるクズ人間、母親は主婦売春婦であった。このような劣悪な環境下で育ったが、父親が「博打のひとつも憶えておけ」と言ったため、将棋に熱中。この一芸をもって、のちに殺し屋は殺し屋でも永山則夫のようにならずに済んだことになる。

第一章[編集]

小池は地元の高校に入学、真面目に学業を修めるかに見えたが、高校を途中でやめて上京。将棋センターに住み込みで働き、その傍らに将棋の腕を磨き、センターの強豪たちを相手に連戦連勝を重ねた。いつしかプロを目指すようになり、周囲も応援していたが、センターの金を持ち出したことによりセンターを追われてプロ入りを断念した。

第二章[編集]

小池は地元の葬祭業者に入社、真面目に勤務するかに見えたが、地元の女性と結婚して上京。運送会社に働き、その傍らに将棋の腕を磨いた。夫人との間に生まれた子どもが出産直後に亡くなったショックから仕事を辞めて賭け将棋に熱中、将棋道場に入り浸るようになる。そこでは「新宿の殺し屋」の異名を取るほどに連戦連勝を重ねた。真剣師として関西の覇加賀敬治と並び称される一方、アマ名人のタイトルを獲得するまでになる。いつしかプロ編入を目指すようになり、ときの大名人大山康晴も応援したが、寸借詐欺や女性問題などが表面化したことによりプロ入りを断念した。

第三章[編集]

小池は地元の土木作業会社に入社、真面目に汗を流すかに見えたが、官能作家でありアマ将棋の強豪でもある団鬼六を頼って上京。団の知り合いの焼肉店の店長として働く一方、アマ六段の強豪でもある団相手に完勝する実力を披露した。いつしかプロ顔負けの力をまざまざと見せ付けるようになり、当時全盛を誇ったアマ名人の田尻隆司や、ときにはプロ棋士を圧倒し、将棋の世界に旋風を巻き起こすまでになる。しかし半年後にバツイチ子持ち女性と不倫した後失踪、将棋の世界から消えてしまった。

第四章[編集]

小池は地元で運送業者に入社、真面目にトラックドライバーを勤めるかに見えたが、体調不良により入院。検査の結果、肝硬変が相当に悪化していた。上京するほどの体力も残っていなかったために団自身が東京から駆けつけた。80キロあった体重は半分に落ち痩せこけていたが、将棋への思いは捨てきれていなかった。そこで団は、当時全盛を誇ったアマ名人の天野高志を呼び寄せ、対局を実現させた。2局指して結果は小池が連続完勝、小池の実力健在を見せ付けることになる。しかし小池はその後、病室で体に繋がれたチューブを引きちぎり、将棋の世界からもこの世からも消えてしまった。

小池の対戦歴と実力[編集]

小池の主な対戦歴である。カッコ内は小池から見た結果。なお、将棋界においてはプロとアマの実力差は厳然として存在し、普通はトップアマでもプロの最底辺と戦って勝率3割で勝てれば良いほうだとされることに注意されたい。

  • 飯野健二・プロ四段(完勝)
  • 鈴木輝彦・プロ四段(完勝)
  • 森信雄・プロ四段(完勝)
  • 滝誠一郎・プロ五段(完勝)
  • 菊池常夫・プロ五段(完勝)
  • 花村元司・プロ九段(完敗
  • 大山康晴・プロ十五世名人(昭和を代表するプロ棋士)(完勝)
  • 田中寅彦・プロ五段(のちプロ九段、世代を代表する棋士)(完勝)
  • 中原誠・プロ十六世名人(当時の現役名人)(完勝)
  • 中村修・プロ四段(完勝)
  • 升田幸三・プロ九段(ハンディをもらうが完敗
  • 加藤一二三・プロ九段(ハンディをもらうが完敗
  • 森雞二・プロ八段(三連勝)
  • 米長邦雄・プロ九段(後の名人、日本将棋連盟会長)(完勝)

この例から見ても小池はプロ顔負けの実力を持つことは一目で分かる。ウィキペディアの「棋士」の記事を見ても、最強とされた棋士の一人に名を連ねている。しかも、要出典タグを貼られまくった記事の中で、小池の名前は出典もなく書かれているのに要出典タグが貼られていない。小池が歴代最強の棋士の一人であることはわざわざ証明するまでもない常識と考えられているためである。

ところで、上で挙げた一覧の中で、花村、升田、加藤に完敗している点が目を引く。花村は小池と同じく真剣師としてのキャリアがあり、差し手も小池と近いものがあった。升田は真剣師でこそ無いが、無精髭を生やし奔放な容姿と定跡にとらわれない差し手は、真剣師に相通じるものがあった。加藤も同様に自由奔放で、神童と言われる一方で、奇人、変人、宇宙人とも言われる異端児である。つまり小池は同じ系統の差し手には珍しく負けることもあったようである。

対して、真剣師とは縁遠い正統派のプロ棋士には滅法強かった。大山康晴、中原誠、米長邦雄らの一流棋士をことごとく破っており、もし小池がプロ入りしていれば間違いなくトップ棋士に上り詰めたと考えられる。

また、小池は自宅に将棋盤すら持っていなかった。プロ棋士が毎日将棋盤を前に定跡の研究をしている一方で、小池は久しぶりに将棋を指しても勝ってしまうほどの実力を持っていたことになる。このことは他の競技に当てはめると凄さが分かる。王貞治が「私は試合のバッターボックスでしかバットを振りませんが、今日もホームランでした」とか、高橋尚子がベルリンマラソンに出て「オリンピック以来久しぶりに42km走ったら優勝しちゃいました」とか言っているようなものである。

近年、コンピュータソフトとの電王戦で正統派プロ棋士が不甲斐ない成績を重ねているが、コンピュータの裏をかく力戦で挑み、終盤に一気に畳みかける小池がもし健在であったならば、少しは違う結果が待っていたかもしれない。


Hito.png この項目「小池重明」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)