小泉構文

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「日本は今のままではいけないと思います、だからこそ日本は今のままではいけないと思います。」
小泉構文 について、小泉進次郎

小泉構文 (こいずみこうぶん, Koizumi's sentence architecture) とは、小泉進次郎氏が考案した構文の一種である。だからこそこの構文を考案したのは小泉進次郎氏である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「小泉構文」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要は簡潔に説明するところである。だからこそ簡潔に概要を書かなければならない。[編集]

一つの文のなかに同意語の言葉を2つ以上入れてかつ、文章量と内容量に乖離を発生させることで小泉構文となる。だからこそ、同じ意味の言葉が一つの文に2つ以上入っていて、内容が薄い文章は小泉構文である。 簡単なものから、「1年ぶりに私の誕生日がやってきました。」のように一見小泉構文とわからない高度なものまで多種多様である。だからこそ多種多様な小泉構文があり、簡単なものから一見小泉構文と分からない高度な「1年ぶりに私の誕生日がやってきました。」のようなものまである。

高度な構文の使用には高い語彙力で多彩な語句を用いることが必要なため、前者が主流となっている。だからこそ前者が主流となっているのは、高度な構文の使用には高い語彙力と多彩な語句を用いる必要があるからである。

また、高い語彙力を身に着けている人間は小泉構文なんぞ使わない[要出典]ので、使うのは本人だけという声もある。だからこそ使うのが本人だけという声があるのは、高い語彙力を身に着けている人間が小泉構文なんぞ使わない[要出典]からである。

小泉構文に種類はいくつかある。だからこそいくつかの種類が小泉構文にある。[編集]

まずはだからこそを使う。だからこそ最初に使うのはだからこそである。
もっとも知られていて一般的な方法である。だからこそこの方法は一般的にもっとも知られている。
例:
Quote1.png とても眠い。だからこそとても眠い。 Quote2.png
眠いをより強調することができる。だからこそより強調されるのは眠いである。
なお、だからこその後に付ける文は意味が同じなら多少違っても構わない。だからこそ文の意味が同じであれば、だからこその後に付ける文が多少違っても構わない。
次に2つ目はいくつか複数の何言っているのか意味を持ち所有することばの単語を使って用いる。
頭痛が痛いのように、同じ同義語を何回も複数回使わずに使用せず何言っているのか意味をいくつか複数回表して表現するやり方の方法。多くの言葉の知識である語彙力を要する必要がある。一般的な通常方法では、普通の普遍的な文である文章の終わり後に二文字の熟語である二字熟語を付けて付記するやり方である方法が普通で一般的。
例:
Quote1.png 終わっていない未回答の提出しなければならない課題が机の上に高く積みあがって山積みに残っているせいで眠れなくて布団に入れない。 Quote2.png
周知の事実をさも自分しか知らないように言う、意外にこれ知られていない。
例:
Quote1.png おぼろげながら浮かんできたんです、46という数字が。なお、その時私は乃木坂を聴いていました、だからこそ私は乃木坂を聴いていました、乃木坂には46という数字が含まれています、意外にこれ知られてない。結論として私が思うのは、乃木坂に対してセクシーに振舞おうと私は思っています。最後に、日本は今のままではいけないと思います。 Quote2.png

結果論である結論ではまとめなければならない必要がある。だからこそまとめる必要があるのが結論である。意外にこれ知られていない。[編集]

日本国である日本は、正直に本当今のまま現状維持ではいけない駄目であると考え思慮しています。だからこそ、日本は今のままではいけないと思います。意外にこれ知られていない。

要約は要するに文字の数である文字数を節約して抑えなければならない必要がある。だからこそ文字数を抑えて要約しなければならない。意外にこれ知られていない。[編集]

何言っているのか意味を二重に重ねて論じる論法。だからこそ意味を二重にして論じること。意外にこれ知られていない。

関連項目は関連する項目である。だからこそ関連している項目が関連項目である。意外にこれ知られていない。[編集]