小牧太

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小牧兄弟!!小牧きょ〜だい!!!
小牧太 について、吉田神
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小牧太」の項目を執筆しています。

小牧 太(こまき ふとし、1967年9月7日 - )は元兵庫県競馬組合 (地方競馬)、現日本中央競馬会 (JRA) の騎手であり、園田ナショナル坊や栗東所属、フリー。乙女座。兵庫時代の勝負服の柄は緑胴、赤山形一本輪、そで赤。弟は兵庫県競馬組合(地方競馬)所属調教師こまきおもし

概要[編集]

レース後、目から大量の汗をかく小牧太

園田の誇るゴールデンジョッキ

植物性アレルギーを抱えており、芝での騎乗は砂のものに比べると格段に落ちる。

極度の多汗症であり、レース後目から大量の汗をかくこともしばしばである。

地方の時代[編集]

曾和直榮の元で馬に土下座をすることを知る。

その後荒行の末、奇跡の力を得、当時リーディングであった田中道夫に引導を渡し、リーディングになる。

そのまま天下かと思われたが、が台頭して来てしまい、2000年2002年にリーディングを奪われる。

2004年JRAに移籍。移籍前の「フェアウェルステージ」で同じくJRAに移籍する園田第3の男とのマッチレースに勝利。当然ながら、レース後大量の汗をかいた。

中央競馬の時代[編集]

低迷期[編集]

植物性アレルギーに加えて、ホームシックになったことが不幸の始まりであった。

また、がGIを先にかっさらって行ったこともあり、スランプに陥る。

ただ、GIの裏では神憑った騎乗で勝っていた。

JRAには人気どころを飛ばす荒技で収益に貢献していた。

GI勝利[編集]

2008年桜花賞でファン大感謝祭を行う。当然ながら、この日も大量の汗をかいた。

その年はサマージョッキーズシリーズに優勝し、ワールドスーパージョッキーズシリーズ2003年以来4回目の出場。最終レースまで首位であったが、空気の読まない馬のせいで3位となってしまった。

との仲は余り良くなく、馬から落とされることもある。


この項目「小牧太」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)