小田急30000形電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小田急30000形電車」の項目を執筆しています。
.EXE改めEXO

小田急30000形電車(愛称:エクソ、EXO、EXecutable Obit)は、オバQ電鉄の所有するニセロマンスカーである。業界初の自動実行プログラムによる自動運転機能を備えていることから、愛称はかつて「.EXE」(エグゼ、EXecutable Express)と呼ばれていたが、傲慢な社長によって愛称を決められなかった労働組合と利用者が変えさせたという沿革を持っている。

概要[編集]

EXO登場時には満員電車が通勤電車だけでなくロマンスカーでも行われるようになったため、それを嫌がったオバQが投入した。輸送力を増やすため、6両+4両の10両編成で6扉のオールロングシートである。さらに、「いい加減パノラマカーをパクるのはやめろ」という意見が多数寄せられたため、展望席は廃止された。これによって検閲により削除によってガラスが割れることは無くなったが、トレインサーフィンを行う格好の場所が無くなったため、乗客からの評判は悪い。加えて歴代ロマンスカーが受賞していたブルーリボン賞を唯一獲得できなかったことでオバQ側でもなかったことにしたいと考えている。そのため「ニセロマンスカー」とも呼ばれる。最近は中身そのままで色だけ塗り替えたEXOαが登場し、新車両で需要を喚起しようと仕掛けたものの、EXOである事に変わりは無かったため誰も気にしない

それに加え、客室内は強烈な臭いがする。そのため「はこね」や「さがみ」運用では相模大野で客の多数があれを吐くために降車し、小田原まで生き残れるものは数人しかいないということも含め、なかったことにしている現実がある。

500円で満喫できるリッチな気分[編集]

ロマンスカーの特急料金は、新宿~町田間で通常料金上乗せ440円である。そして、このたったの440円で、急行止まりまくりの新宿~町田間30kmがノンストップである。座席も進行方向を向いてゆったりしており、ちまちま停車しては満員で圧迫されている通常利用者に対して優越感に浸ることができる。そして何より喫煙車両では思う存分喫煙できる。吸えないはずの場所で吸える、拝火教信者はたった約500円でスーパーリッチな気分を満喫できるのだ。

ただし、世間の廃火毀釈の波には抗えず、2007年3月からロマンスカーは全面禁煙となってしまい、拝火教信者のスーパーリッチタイムは終わりを告げてしまった。

テーマソング[編集]

LOVE.EXE 桃井はるこ

コスプレダンパ、アニソンクラブイベントではこれにちなんだ「新宿→箱根はおーだーきゅーう」「え・く・せー」「おーーー30000系」などのコールに合わせてオタ芸が打たれている。

仕様[編集]

  • 営業最高速度:      
  • 編成定員:
  • 軌間:9mm(Nゲージ)
  • 電気方式:交流100V
  • 制御装置:別売り

この車両は、仕様の多くが謎に包まれていることでも有名である。

関連項目[編集]


この項目「小田急30000形電車」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「小田急30000形電車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)