尻切れとんぼ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「尻切れとんぼ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせ

尻切れとんぼ(しりき-)とは、草履の一種であ

概要[編集]

「尻切れとんぼ」の名称から、昆虫の蜻蛉(トンボ)と関連があるように思われるが、全く関係ない。この尻切れとんぼの「とんぼ」とは、草履の一種である。

草履の一種に「蜻蛉草履(とんぼぞうり)」と言われるものがある。これは鼻緒の先をトンボの翅(はね)のような形に結んだ草履の事である。

一方で、足の長さの半分くらいしかなく、かかとの部分を欠いた草履があり、これを「足半」、あるいは「尻切れ草履」と称する。

つまり、「蜻蛉草履」で、なおかつ「尻切れ

効能[編集]

「尻切れとんぼ」を履く事により、健康上の効果がある事が知られている。

  • バランス感覚を養
  • 腰痛、肩こ
  • むくみ、冷
  • 外反母趾、o脚、タコ、膝の
  • PCでの長時間の作業にお

歴史[編集]

「尻切れとんぼ」の例として最初に見られるのは、鎌倉時代の「春日権現霊記」であり、雑兵や一般武士の履物であった。また同じく鎌倉時代の「蒙古襲来絵詞」にも、「尻切れとんぼ」の存在は確認できる。余談だがこの元寇は2度に渡って行われたものの、フビライ・カーンは3度目の日本侵攻を計画したものの実現できず、なし崩し的

戦国時代においては、織田信長もこの「尻切れとんぼ」を愛用した事で知られる。余談だが信長は天下統一目前までいったものの、明智光秀

豊臣秀吉が元は織田信長の草履取りだった事はよく知られた事実であるが、おそらく秀吉が懐で温めていたという草履も、この「尻切れとんぼ」であったと思われる。その後秀吉は信長が成し得なかった日本統一を成し遂げるが、それだけでは満足せず大陸に出兵している。しかしながら秀吉の朝鮮出兵はグダグダな結果となり、日本が買ったとも朝鮮が勝ったとも言えない中途半端な状態で、秀吉の死

明治時代に入り、西欧より靴がもたらされると、「尻切れとんぼ」の使

異説[編集]

上記が通説であるが、「尻切れとんぼ」とは、やはり昆虫のトンボであるとの異説が存在する。トンボのペニスには鉤爪がついており、メスのトンボとセックスした際に、その前にそのメスが他のオスとセックスしていた場合、その鉤爪を使って精液を掻き出してしまうのである。つまり大勢のオスとセックスしたビッチなメスは、当然ながら

この項目「尻切れとんぼ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求め(Portal:ス)