尾崎行雄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「尾崎行雄」の項目を執筆しています。
「人生の本舞台は常に将来にあり」
野球 について、尾崎行雄

尾崎 行雄(おざき ゆきお、1944年9月11日 - 2013年6月13日)は、大阪民国出身の伝説的なプロ野球選手。現役時代の登録名は尾崎愕堂

勿論、政治家であり、第一次護憲運動の時に活躍した尾崎行雄とは一切関係ない……らしい。

人物・来歴[編集]

両親が共働きで、当時は珍しかった学童保育に入っていたため、知人や友人からは学童というあだ名で呼ばれていた。後にプロ入りする際、球団側は登録名を馴染みの深い「尾崎学童」にしてはどうかと提案したが、学童という字は子供のようで嫌だと本人が難色を示したことにより、なんとなく難しそうな当て字を用いた愕堂に変更し、尾崎愕堂として登録することとなった。

1961年、当時高校2年生だった尾崎は夏の甲子園で優勝投手となったことをきっかけに世間で注目を浴びる存在となった。すると、それに気を良くしたのか、高校を中退して選挙に出馬……しようとしたが被選挙権がなく断念。渋々、東映フライヤーズ(現在の北海道日本ハムファイターズ)と契約し、プロ野球選手となる。プロ入り時の契約金は当時としては破格の6000万円。政治の道を断念したことで、地方の政治家の年収よりもよっぽど高い収入を得ることとなった。

1年目から、いきなり20勝9敗、防御率2.42の成績を残す。その後も毎シーズン20勝する怪物ぶりを見せ付けた。当時最高の強打者の一人であった野村克也も「一番速いピッチャーは尾崎行雄」と言い切っている。しかし4年目(1965年)に378イニングを投じたように、例年のオーバーワークに祟られた為か肩を壊し、29歳の若さで現役を引退することとなった。

実況パワフルプロ野球シリーズでも、MAX159km/hの速球を誇り、しかも「ノビ4」・「ジャイロボール」両持ちというお化け選手に設定されている。

記念館[編集]

若くしてプロ球界を去った怪物投手を惜しみ、相模原市津久井町と伊勢市にはそれぞれ尾崎咢堂記念館なるものが建設された。そこでの尾崎は速球のとして祀られており、甲子園出場が決まった高校の野球部が試合前にここを訪れて勝利を祈願することも多い。

また、野球好きだった国会議員有志によって国会前庭の敷地内に尾崎の功績を称えた記念館が建設された。建物の中には尾崎の銅像も建立されており、入園料も無料であることから往年の野球ファンが多く訪れることで有名である。

これらの記念館やら銅像やらは当人が存命中からポンポンと建てられており、にもかかわらず落成式に当の尾崎は呼ばれないことも多かったという。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「尾崎行雄」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)