山崎の決戦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

山崎の決戦(やまざきのけっせん)とは偉大なる指導者、鋼鉄の神将であり世界人民の父なる首領豊臣秀吉同志が1582年に京都郊外の山崎で封建主義反動の頭目明智光秀を打ち破りあそばされた歴史的偉業である。

決戦の流れ[編集]

本能寺の変[編集]

革新的武士階級であった織田信長は武士革命を成し遂げようとしていたが、公家主義反動である逆賊明智光秀に討たれ死んでしまう。そのころ父なる首領様は毛利輝元を征伐されていたが信長死去の報を聞き、このままでは革命が頓挫してしまうと思われた。

人民共和国建国[編集]

父なる首領様は主体主義に基づく日本人民共和国の成立を宣言された。首領様は人民による人民の為の共和国を建国し、あらゆる封建主義的反動勢力を撃破してこの国を地上の楽園にすることを確約された。人民は歓喜の涙を流し、ここに主体革命が始まった。

千里馬行軍[編集]

父なる首領様の英雄的ご指導の下日本人民解放軍は千里を駆ける勢いで中国おお返しを行い、僅か三日で山崎に到着した。途中首領様に付き従おうとする人民義勇軍を加え、高松城をたった時10000程度だった軍勢は山崎に到着した時には30000にまで膨れ上がった。

山崎の決戦[編集]

人民軍の進撃に恐れおののいた光秀は直ちに山崎に陣地を張り、決戦の準備を整えた。こうして1582年6月12日、遂に日本の命運を賭けた戦いが始まった。

光秀軍は軍兵も精強、指揮も的確であった。戦いに不慣れな義勇兵交じりの人民解放軍はたちまち劣勢にたたされる。もはやこれまでと皆が思う中、首領様は母なる天照大神に救いを求められた。すると突然雲が裂け天空から一筋の光が首領様に向けて降り注いだ。その光の中を降りてくるのは神剣天叢雲剣、神鏡八咫鏡、神玉八尺瓊勾玉であった。畏れ多くも母なる天照大神様は子なる首領様を救われんと神器を賜られたのである。首領様は直ちに天叢雲剣を以って単騎でご出馬あそばされ、軍神となりあそばされて光秀軍に突撃しあそばされた。首領様の武勇に奮い立った人民解放軍は勢いを盛り返し遂に光秀軍を撃破、光秀は人民裁判によって処刑された。

京都入城[編集]

首領様は三種の神器を帯び、京都へ堂々の入城を果たされた。燦然と輝く三種の神器は偉大なる首領豊臣秀吉同志こそが大和民族の真なる天子であり、大和民族と全人類の為に使わされたメシアであることをはっきりと示していた。偽の神器で人民を騙していた偽天皇一家は直ちに首領様の前に跪き許しを乞う。涙を流しながら命乞いをする偽天皇とその一族にたいし、首領様は真の天子として天照大神の名の下彼等をお許しになられた。これは首領様の海よりも深い慈悲を示すものである。

関連項目[編集]