山形新幹線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山形新幹線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「山形新幹線」の項目を執筆しています。

山形新幹線(やまがたしんかんせん)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が所有する東北本線の福島から分岐して新庄までを走る奥羽本線を乗っ取り、そこを走らせている低速鐵路及びここを走る列車について呼ばれる一般呼称である。

概要[編集]

山形新幹線は、国鉄時代から計画があった新幹線と在来線の直通(以下新在直通と表記)路線の第一号として、1992年に開業した。

財政難や整備新幹線そのものへの反対もある中で開業した新幹線であるため、建設費を適当に減らし、できるだけ収益性を確保することが重視された。そのような中で「第三セクターへの切り離しもしなくて2度おいしい」ということで、乗っ取り先の奥羽本線を丸ごと新幹線の軌間である標準軌に改軌してしまう事になった。板谷峠の4連続スイッチバックをすべて廃止したり、各所にあった雪国風情満点の在来線駅を「新幹線駅である」と適当な見栄を張るべく無機質な駅舎に建て替えたりと、数々の偽装工作の末にまずは山形まで開業した。

その後、よせばいいのに「新庄まで新幹線を延ばしてくれ」と地元から請願され、山形県が建設費用を出すということを条件に延伸工事を開始。1999年、奥羽本線山形~新庄間で改軌工事や偽装工作を行い、利用客に不便だけを強いる形で新庄まで延伸開業した。例えば、元々存在した蟹沢駅を強引に移転して「錯乱募東根駅」として利用者が何らかの薬物を決めた感じの駅名として開業させたり、わずかに残っていた貨物列車を廃止させたり、新幹線駅として見栄を張るために1階にあった改札をわざわざ2階に設置するなど、その暴挙の数々は計り知れない。

なお、東京~福島間は東北新幹線の線路を間借りしており、福島〜新庄間も奥羽本線というただの在来線を走るため、この路線は正式にはどこにも存在しないのだが、図々しくも両者とも併せて「山形新幹線」として表現されることがある。

歴史[編集]

国鉄時代、日本列島改造論とかいう世迷言をもとに、とりあえず日本全国各路線に新幹線の計画路線だけ決めたり、実際にひいたりしてあたかも日本全国に整備新幹線が走るかに思われた。

しかし、末期の国鉄にそんな絵空事を実現できるわけもなく、仕方ないので山形方面については在来線である奥羽本線を改造してここを走らせることでお茶を濁しておこうと言う話で合意を得た。これをJR東日本が継承し、山形県民に新幹線が通ると吹聴して出来上がったのが当路線である。よく言われることに、ここを走る新幹線車両は、在来線車両と足して2で割ったような構造をしている。フル規格の新幹線よりも幅が狭く、1両の長さもフル規格では25m基本であるところ、20m基本となっている。

なお、列車愛称名は、すべて「つばさ」に統一されており。かつてあった特急「やまばと」「こまくさ」などはなかったことにされている。改軌に伴い、それ以前は最高速度95km/hだったものの、最高速度が130km/hになった点は大したものである。

新庄延伸が実現したことで、最上地区までは新幹線が新在直通となったが、庄内地方は税金だけを出したことになるので、陸羽西線や羽越本線を介して酒田延伸を企んでいた。しかし「上越新幹線の乗客を奪うな!」という新潟支社のクレームや、羽越本線でも吹雪で485系R編成が転がるなど不祥事が相次いだ結果、E653系「いなほ」になったのでお察しください

陸羽西線についても、大雨の不通がよくあるあるなので電化・改軌の以前の問題であったが。

各駅紹介[編集]

ここでは奥羽本線内の停車駅を紹介する。東北新幹線の駅については東北新幹線を参照。

福島駅
山形新幹線は上下共に14番線に入る。盛岡駅のように上下を区別しなかったのは検閲により削除のためである。そのためダイヤが乱れたときには、通過線に下りはやぶさ・こまち号を待たせておいて、それを横目に上りやまびこ号が堂々と下り線をまたぎながらダラダラと(35km/h)14番線に入線してきたり、併結待ちでつばさが14番線に入れなかったり、東京行きがどれなのか分からなくなったりするというエクストリームスポーツ・駅となることがある。
米沢駅
全列車が停車する置賜地方の代表駅。幻のローカル線とさえいわれる米坂線と奥羽本線の普通電車に理論上乗り換えられる。なぜ理論上なのかは、奥羽本線福島方面、または米坂線坂町方面に乗り換えようとすると、その理由がわかるだろう。ホームの構造はあまりいじられていないので、乗り換えは便利である。当駅は単線区間に挟まれており、ダイヤが乱れたときにはどのつばさがどっちに向かうのか、何が何だかわからなくなる。関根までは用地も余っていることだし、複線化してもよいと思うが。
高畠駅
温泉が併設されている駅として有名である。最長片道切符の旅のロケでも扱われた。しかし時刻表を見ると、この駅だけ臨時列車ですら「レ」が付いていることが多い。つまり検閲により削除
赤湯駅
山形県でも比較的大きな南陽市の代表駅。乗降客も結構多い。ひそかに山形鉄道に乗り換えられる。南陽市は、バブル期にハコモノを作りすぎたせいで財政状況が多少検閲により削除なことで有名である。
かみのやま温泉駅
もともとは上ノ山駅だったが、新幹線開業で現在の駅名になる。蔵王山の方角に、東北に似つかわしくない巨大なタワーマンションがあるが、実は湿地帯にの山をふんだんに利用して建てられた建造物であり、少しずつ傾いている。しかし、この事は公には明かされていない。
山形駅
一応県庁所在地代表駅。当初はここが終点だったが、新庄延伸に際し、車止めがあった片方の線路を埋め立てて今の構造になったので、妙に現在の1番線が右に折れ曲がっており、新幹線ホームは、じっくり観察するとなんだか違和感がある。埼京線を思わせるほど在来線の改札まで妙に遠い。仙山線や左沢線に乗り換えられる。
ここにも巨大なタワービルがあるが、それなりに機能しており、県庁所在地としての面目を保っている状況である。しかし、駅前の寂れようは他の地方都市と変わらず、オフィス街としての色が年々強くなっており、駅前のコンビニすらつぶれた事がある。一方西側は野球ができるほど広い空き地があり、その駅前にして山形の大平野を実感できるアトラクションとして放置…もとい憩いの場として生かされている。
天童駅
新幹線誘致により客を見込んだものの、思ったほど店も客も入らず、撤退を余儀なくされる店舗が続出し、駅ビル開発に失敗した駅としても知られ、妙に空白の多いビルがある。
思わず乗る方向を間違えたかと錯覚するほど、駅の雰囲気が村山駅と似ている。ホームは2面3線の構造で、駅舎はレンガ色が微妙にぼけた感じに仕上がっている。もともとは地平のホームで改札も1階にあった。しかし、今は階段や超のろまなエレベーターでわざわざ2階へ行き、再び1階に降りなければならないという不親切設計である。
ここで折り返す普通列車があったり、緩急接続や上下線の離合も行われる。駅の前後は単線のまま絶賛放置中であるため、上下線のどちらかに遅れが出ると東北新幹線のダイヤまで悲惨なことになる。
さくらんぼ東根駅
蟹沢駅を叩き潰し、場所を少し移動させて作った新幹線停車駅。正しくは果物とは何の関係もなく「錯乱募東根」であるが、漢字だとなんだか危険ということで別の意味で目立つ現在の駅名に落ち着いた。この東根の前に来る文言の語源は、両隣りの新幹線停車駅に少なからず不思議な感覚に陥らせるからであろう。隣には単独で名乗る東根駅があるが、無人駅で新幹線も止まらず、こちらが東根市の代表駅となっている。
乗客は結構多く、ひそかに山形空港へ行く最短連絡駅でもある。ところが最近、記念に飾ってあった蟹沢駅の駅名標がいつの間にかなくなった。駅名が変わり、この駅で錯乱しぼーっとなる人が増えたためであろうが、誰かが検閲により削除。なお、この事実は東根市によって隠蔽されている。
村山駅
もともとは楯岡駅だったが、「画数が多くてイヤ」という理由により新幹線開業で現在の駅名になる。前述した通り、思わず乗る方向を間違えたかと錯覚するほど駅の雰囲気が天童駅と似ている
大石田駅
豪雪地帯として知られる尾花沢市の代表駅(ただし駅があるのは大石田町)。赤湯といい勝負なほど利用者も多い。この駅は珍しく、新幹線開業で駅ホームの構造はあまりいじられなかった。実はこの付近は結構山深く、この前後で気候が変わることもよくある。というかマジでトンネルを抜けるとそこは雪国だったという感じである。
新庄駅
山形新幹線の終着駅。標準軌と狭軌が別れる部分に通路がある。ここから先はロング汚物しか走らない奥羽本線と、陸羽東線、陸羽西線に乗り換えられる。

列車[編集]

つばさ
速達タイプ、各駅タイプ問わずこれのみで面白みには欠ける。しかし、速達タイプだと、山形から東京までの停車駅は米沢、福島、大宮のみである。ほとんどは福島で仙台方面へ行き来する「やまびこ」(E2系)との分割併合があるが、たまに単独で走ることもある。
とれいゆつばさ
違いは山形弁BBAが「何か買ってこい」とのサブミニナル到着放送と座敷っぽいグリーン席や2人分の足湯があるだけである。高架線に乗ることは検査以外ではない。秋田新幹線で使われたR18編成を利用してもったいから魔改造でツアー客からお布施を貰う商法列車。

関連項目[編集]