岡山駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡山駅」の項目を執筆しています。

岡山駅(おかやまえき)とは、聖地であり戦場である。

概要[編集]

岡山駅とは、一応、中国四国地方で、最も大きな駅である。つまり、広島駅とかいう田舎駅とは、違うのである。岡山駅は、「四国の窓口」や、「國鐵岡山」としても一部の人に知られているが、東京の人[1]は、ただの田舎の駅だと思っている。そんな気もしなくはない。くぁwせdrftgyふじこlp無論、広島駅もそうである。

規模[編集]

在来線用の1〜16番ホームと新幹線用の21〜26番ホームがある。また、奥羽本線鹿児島本線中央線山陽本線伯備線赤穂線宇野線宇野みなと線瀬戸大橋線吉備線桃太郎線津山線山陽新幹線四国新幹線が乗り入れる。また、利用客は1日あたり156億人と広島駅より少ないが、これには乗り換え人数を含めていないので、実際には岡山駅の利用者数のほうが多い。これだけ聞くと、大都会の駅に思えてしまうが、肝心の列車は20分に1本しかこないため、実際には検閲により削除

会社[編集]

元々この駅は、JR西日本のみの車両が乗り入れる駅だった。しかし、その後、瀬戸大橋が開通したことにより岡山駅にJR四国の列車が乗り入れるようになった。それを機に、なぜか他のJRが、岡山駅を侵略しにきた。そのため、現在の岡山駅では、JR6社[2]の車両を見ることができる。

隣の駅[編集]

隣の駅の総数が世界一多い。また、隣の駅との間隔が日本一長い。

隣の駅との間隔(岡山駅)
隣の駅名 駅との間隔
田舎人にとっての聖地 623km
福島 677km
門司港 291km
北長瀬 3.4km
西河原・故郷・岡山・旭川・住宅街・西川原 2.6km
大元 2.5km
備前三門 1.9km
法界院 2.3km
相生 67.9km
新倉敷 25.2km
児島 25.8km
札幌(建設中) 未定
名古屋(計画中) 未定


上の表のように現在は、福島-岡山間が2駅間の日本最長距離となっているが、札幌-岡山間が完成したとき、記録が更新されるであろう。

失明の対策[編集]

また、中央線鹿児島本線奥羽本線は岡山までの距離が非常に長い、また、中央線奥羽本線の岡山までの大部分はトンネル区間なので、トンネルを抜けたとき失明する乗客や乗務員が多くいた。このような事故を防ぐために、いまでは、晴れている昼にはトンネル最後の信号機が赤になるようになっている。

睡眠[編集]

長い間止まらないが、所詮、普通列車であるため、ベッドなどの寝台施設は無い。そのため、席に寝る人や床に寝る人、さらには、荷物棚に寝る人が多くいる。更に猛者は、屋根の上や連結器、床下で寝ることもある。ちなみに、眠くなれば、運転士や車掌も寝る。そうならないように、運転士や車掌にコーヒーを差し入れておくのが健全と思われる。

トイレ[編集]

通常は2つあるが、156分の78の確率で、編成の6,8,10両の中に1つもトイレがないことがある。その場合、どうなるかはお察しください

食料品[編集]

ところで、水や食料品は156人前持っていくことをおすすめする。これは、飢餓に苦しむ乗客を助けたり、盗まれたときの予備用にしたりするためだ。

黄色国鉄運動[編集]

JR西日本は、岡山駅でも「黄色国鉄運動」を進めている。現在、JR西日本岡山地区は、主に105系113系115系117系213系などの国鉄車両を使用している。このうち、岡山駅に乗り入れるJR西日本車両のほとんどを占める105系113系115系117系は黄色[3]だが、一部を占める213系気動車は黄色ではない。また、他社の車両も黄色い国鉄車両でない。そのため、岡山駅に乗り入れる全ての列車を黄色にするために、この運動が行われている。JR西日本は、2023年には213系気動車を黄色に染め始める予定であり、他のJRにも黄色い国鉄車両を運行させるように要請している。しかし、JR四国やJR東海[4][5]はその運動を無視し、それぞれの黄色くない国鉄時代のものでない車両を使っている。それに対して、JR西日本は各社に156億円の損害賠償を求めているが、全社それに応じていない。

JR西日本の対応[編集]

バケツ[編集]

JR西日本の職員が線路をまたぐ歩道橋の上などから黄色いペンキが入ったバケツの中身をこぼして車両を染める。

水鉄砲[編集]

黄色いペンキの溶かした水を水鉄砲に入れて、車両に向けて飛ばす。

買収[編集]

他のJRの回送列車の運転士[6][7][8][9]に、金10万円ほどを入れた封筒と黄色いペンキを渡す。

JR四国の対応[編集]

黄色を落とす[編集]

常に、車掌に水を持たせておく。

別の色に染める[編集]

JR西日本の車両を青色に染める。方法は、「JR西日本の対応」を参照。

鉄道教信者(車両宗)の対応[編集]

鉄道教信者の残したカボチャ

湘南色に塗った車両を残すことを求めて、JR西日本岡山支社のおえらいさんホワホワ。これにより、JR西日本は湘南色の車両を黄色に染めることに失敗した。

治安[編集]

この駅は、とにかく治安が悪い。3日に1回は駅員、各JRの運転手、駅の利用者、そしてひよこ陛下の間で言い争いから      まで、様々な規模の争いが発生している。特に、職員たちの給料日にはわずかな日本円の奪い合いが発生し、給料を失う者が大勢出る。それにより、ヤケ酒を飲んだ職員(特に運転手)が、事故を多発させる。これが、伯備線の倉敷-新見間で事故が多い原因である。
この治安の悪さの原因は暴力団と言われることが多いが、実際はJR6社が岡山駅に列車を乗り入れているからである。各社が他社を成敗するため[10]に育て上げた戦闘員乗務員を岡山駅に送り込み、他社の営業の妨害をさせている。この戦闘員兼乗務員どうしの闘いに、その戦闘員兼乗務員の同僚[11]が首を突っ込んだことで乱闘となり、治安が悪化している。なお、JR西日本の岡山・福山地区の社員は全員戦闘員であり、岡山駅にはJR西日本の社員しか知らない罠があるため、この治安の悪さの中でも、JR西日本は優位な立場を保っている。

脚注[編集]

  1. ^ 岡山県四国出身の人と鉄道教信者を除く
  2. ^ JR西日本、東日本、東海、四国、九州、貨物
  3. ^ 115系は湘南色、117系は青い物も来るが誰も気にしない
  4. ^ 一応、黄色い車両も来るが3日に一回もこないため検閲により削除
  5. ^ 他にも、JR東日本、九州、貨物が
  6. ^ 特に、現金を欲しがっている人が良い。
  7. ^ ただし、おえらいさんには、これをしないほうがいい。
  8. ^ 列車の清掃員に渡すのも良い。
  9. ^ 承諾しないとき、金額を2倍にすると悪魔のささやきをささやけばよい。
  10. ^ 黄色国鉄運動によるストレスと反発が主な原因である。
  11. ^ 大抵、この同僚は、JR各社が戦闘員を育てていることを知らない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡山駅」の項目を執筆しています。
Gomen.jpg この「岡山駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)