岩見沢駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
岩見沢駅

岩見沢駅とは、北海道岩見沢市にある遺跡である。東半分は駅舎とも呼ばれており、レンガでできている。この周辺は今もなお遺跡の関係者と鉄道教の信者との対立が続いていた戦場であった。

概要[編集]

かつての蝦夷開拓使が周辺の雪の多さに多くの死者を出し、それを弔うために19世紀末頃に作られた。

しかし周辺は石炭の産出地であった三笠市の影響で非常に鉄分が高く、弔いのために作られた本来の目的と逸脱して遺跡の周辺には多くの鉄道が開設された。この鉄道は北海道最古の鉄道であるということもあり、この遺跡は鉄道教の支配下に置かれ、名目上「岩見沢駅」として1933年に奪取された。それ以降毎年多くの巡礼者が訪れるようになる。

遺跡の関係者はこれらに対抗し、国鉄JRに圧力をかけ1985年から1987年にかけて一部の路線を廃止に持ち込む。

鉄分の足りなくなった鉄道教徒たちは怒り心頭、2000年12月10日に遺跡に火を放ち、全焼させる。

しかしその時自分たちの礼拝堂である岩見沢駅も同時になくなったことに気付いた教徒たちは礼拝堂を復活させることを条件に遺跡関係者と和解。2007年6月23日にリニューアルした建物の西半分を「遺跡」、東半分を「礼拝堂」とすることでこの対立は収まったのだった。

岩見沢駅に対する評価[編集]

遺跡としての価値を認められグッドデザイン賞ブルネル賞同Wikipedia)などを受賞し、遺跡としてのデザイン性が高く評価されている事が分かる。透かし積みのレンガなどによる洒落た内装などに対する評価は非常に高く、鉄道教信者も納得の完成度である。なお北海道の田舎であるため駅の利用頻度自体は……。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岩見沢駅」の項目を執筆しています。


Gomen.jpg この「岩見沢駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)