平和主義 2.0

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

平和主義 2.0とは、杉原浩司氏の論文「【松下電器はパソコン兵器「タフブック」の戦場からの回収を!】<転送・転載・紹介歓迎/重複失礼>」に端を発した新しいドラクエFFの呪文である。これにより反平和主義者どもを笑いによって死に至らしめることが出来る。

論文概要[編集]

松下電器のタフブックは自衛隊で利用されている。人殺しのためのパソコン、まさしくパソコン兵器だ。なのでそんなものは滅ぼしてしまおう。ちなみにPanasonicのキャッチコピーは「ideas for death」でよろしいか? よろしいな。

兵器認定委員会[編集]

論文の概念に基づき、兵器にあたるものを調査・認定する兵器認定委員会が発足、初代委員長に崇高で偉大なる人民の太陽であらせられる百戦錬磨の常勝将軍 あひる優先軍思想革命同士が就任した。兵器認定委員会では、軍事に関わるものがあればこれを「○○兵器」と認定し、そんなものは滅ぼしてしまおう。


認定兵器一覧[編集]

認定兵器表(平和主義者ならば下記兵器類の使用を禁ずる)
認定番号兵器名対象名理由認定日備考
DQNH-0001号パソコン兵器Panasonic ToughBook自衛隊を初めとする世界の軍隊、警察機関で採用されている2006/4/22その他パソコンについては審議中
DQNH-0002号インターネット兵器インターネット戦争で一部が破壊されても情報網全体が不能にならないよに開発された正統派軍事品2007/3/6接続を一切禁ずる
DQNH-0003号カーナビ兵器カーナビゲーションシステムカーナビは軍事利用目的に開発されたGPSを利用している2007/3/6携帯ナビ含む
DQNH-0004号女子高生兵器セーラー服の女子高生海軍の制服を着て喜んでいる軍国主義者予備軍2007/3/6ブレザー除く、但し学ラン含む
DQNH-0005号ティッシュ兵器ティッシュペーパー戦争で不足した脱脂綿の代替品として開発された正統派軍需品2007/3/6ポケットティッシュ、トイレットペーパー含む
DQNH-0006号缶詰兵器缶詰戦争で食料を運ぶ際に壊れやすい瓶詰の代替品として開発された正統派軍需品2007/3/6缶ジュース等含む、但しペットボトルは除く
DQNH-0007号インスタント食品兵器インスタント食品アメリカ陸軍が缶詰にかわる軍用携帯食として開発された正統派軍需品2007/3/6レトルトカレー、カップめん等
DQNH-0008号兵器----
DQNH-0009号兵器----
DQNH-0010号兵器----

論文(原文まま)[編集]

【松下電器はパソコン兵器「タフブック」の戦場からの回収を!】<転送・転載・紹介歓迎/重複失礼>

●4月22、23日と東京・代々木公園などを会場に「アースデイ東京2006」が行なわれます。多くの企業が協賛していますが、その中に「松下電器産業」の名前があります。今流行りの「企業の社会的責任(CSR)」の一環なのでしょう。また、松下電器がノンフロン冷蔵庫を開発したという経緯があってのことかもしれません。松下電器は難民支援活動への協賛などもしているようです。 しかし、「社会貢献」と胸を張るその顔の裏に、不気味な表情が隠れていることはあまり知られていません。その"血塗られた顔"とは、私が「パソコン兵器」と命名した、ノートパソコン『パナソニック タフブック』にまつわるものです。

●それはまさしく「戦うコンピュータ」であり「小型武器」です。書籍『戦うコンピュータ~軍事分野で進行中のIT革命とRMA』(井上孝司/毎日コミュニケーションズ)にはこうあります。「米軍ではパナソニックのToughBookというノートPCが広く使われているが、これは構造を頑丈にして、振動や粉塵、湿気に耐えられるようにした特別製のノートPCだ」「実際、アメリカの作家が書いたテクノ・スリラー小説を読むと、しばしば『パナソニックの軍用ラップトップ』というフレーズが出てくる」。 また、日米「軍産政複合体」の関係者が集結して2005年11月に憲政記念館で行なわれた「第6回 日米安保戦略会議」の際、同時開催された兵器見本市に置かれていた米巨大軍需企業「ノースロップ・グラマン」のパンフレットにも、実戦使用を想定した地図をスクリーンに映し出した「タフブック」の写真が載っています。

●松下電器の「ISM ものづくりスピリッツ発見マガジン」と題したサイトには、「タフブック」のこんな開発秘話=自慢話が掲載されています(→http://panasonic.co.jp/ism/tough/02.html )。アメリカのパトカーのハイテク化につけ込み営業を成功させた逸話。「タフブックに、銃撃戦の跳弾(他の場所に当たって跳ね返った弾丸)がヒットしたが、それでもちゃんと動作した!…嘘かホントか、こんな評判が広まりましてね」「その評判のおかげで、警察だけに留まらず、FBIなど、国家機密レベルの情報を扱う政府機関にも続々とタフブックの採用が決まっていきました」。 その延長で米軍にまで納入され、アフガニスタンやイラクの戦場で米兵必携の「パソコン兵器」として"活躍"するに至ったのでしょう。

●「ideas for life」とは松下電機Panasonicのキャッチコピーですが、これではまるで「ideas for killing」「ideas for death」の世界です。米軍による侵略と占領という巨大な戦争犯罪への不可欠のサポートを 提供する松下電器は、まぎれもない「戦争犯罪企業」です。松下電器は、死亡事故を引き起こす石油暖房機の回収作業に勝るとも劣らないエネルギーをかけて、戦場で使用され現在もなお虐殺に加担している自社製パソコ ン兵器「タフブック」を回収すべきです。  松下電器に対して「米軍に何台納入しているのか?」を問いかけ、「戦争加担をやめてタフブックの回収を!」などの声を届けることを呼びかけたいと思います。マイケル・ムーアなら、今頃ビデオカメラを担いで松下電器本社に押しかけ、例の突撃取材を敢行しているかもしれません。 (2006・4・22)

関連項目[編集]