平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「仮面ライダー大戦」の記事を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」の項目を執筆してくれています。

平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊(へいせい-ばーさすしょうわ-かめん-たいせん ふゅーちゃりんぐ-せんたい)とは、スーパーヒーロータイムに悪影響を及ぼす「最強厨」へのカウンターとして作られた映画作品である。

概要[編集]

最強厨とは、度を越えて「○○の最強は何か」という議論を行う熱心すぎるファンを指す。シナリオ展開等を無視してカタログスペックだけで盛り上がったり、自分の推しを一方的に持ち上げ他のキャラを貶すファシズムのプロパガンダのような主張も少なくない。悪化するとクロスオーバー設定がないにも関わらず他所の作品と勝手に比較し、あっちこっちに火種をばら蒔いていくこととなる[1]。こういった迷惑なファンは、本来子供向け作品であるスーパーヒーロータイムの作品にもやはり存在している。ファン界隈が血腥くなって子供離れを起こさないよう、特に平成ライダーや近年のスーパー戦隊では「限定的な特殊能力が多く、シリーズ作品との単純な比較は出来ない」という形で最強論争自体を避けさせようとするのが通例である。プリキュアシリーズでも、オールスター作品で各シリーズを同程度の火力として描くことにより作品間の火力調整を行っている。

が、それでも最強厨による論争はなかなか抑えられず、スーパーヒーロータイムは大きなお友達の主張ばかりが通ってしまい閉塞感が否めないものになっていく。中でも「昭和世代」「平成世代」が分かりやすい形で分断されている仮面ライダーシリーズにおいてそれが顕著であり、RXが絶対に最強だとか進化し続けるアギトが最強だとか延々と実の無い議論が繰り広げられ、本来の視聴者層であり素直にヒーローを格好いいと思える小さいお友達は損をするばかりになってしまった。そこで逆転の発想として「公式に答えを用意し、馬鹿な議論を止めさせよう」という案が産まれ、それに基づいて作成された映画が本作品である。

内容とその後[編集]

最たる目的は不毛な議論をさせないように仕向ける事であるが、東映まんがまつりのダイナミック作品VSシリーズ[2]に倣いタイトルでは対立を示唆している。序盤で現行の鎧武1号から、「アーマードライダーなんぞと浮かれとるようだが、俺はお前を仮面ライダーとは認めん」と敵意を向けられたりするが、途中からは共闘するシーンへ移行する。しかし最終的には、平成ライダーと昭和ライダーの大乱闘を経て決着を迎える形となっている。

話を盛り上げる為にスーパー戦隊からはトッキュウジャーの面々とキョウリュウレッドが参戦するが、これは仮面ライダー勢だけでは難しい[3]巨大戦力戦を描いて迫力を出す為。なので脈絡もなく「同じ1号同士だから」とトッキュウ1号がやってきたり、キョウリュウレッドが突然「ブレイブだぜ!!」と言いながらキョウリュウレッシャーを召喚するが、単なる演出でありシナリオの破綻ではない。

最終的には、戦闘の結果ではなく「たとえ己を犠牲にしようとも、花一輪の為に命を懸ける。その優しさを貫く強さこそ、本当の『強さ』かもしれん」と格言めいた言葉と共に1号が負けを認める事で決着となる。最強を決める議論自体が無意味、それが「答え」だと訴え最強厨を黙らせようというのが本作品のテーマなのである。しかし仮面ライダーにおける最強論争はその後も止まず、結局公式で「全仮面ライダーの能力を持ち、時空を越え過去と未来をしろしめす偉大なる時の大魔王」ことオーマジオウが今後永遠に最強の座に座り続けるという新しい答えが用意され、ようやくスーパーヒーロータイム最強論争に一つの結論が出ることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 東方projectとある魔術の禁書目録などが標的になりやすい。
  2. ^ 『マジンガーZ対デビルマン』や『マジンガーZ対ゲッターロボ』など。
  3. ^ 仮面ライダーJ以外に巨大化出来るライダーはなく、また巨大戦力もキャッスルドランリボルギャリーなど小数。

関連項目[編集]

Imajin u.jpg この項目『平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目なんだ。だから、誰か加筆してくれる可愛い女の子を探してるよ。別に可愛くない女の子でも男の子でもいいんだけどね。 (Portal:スタブ)