平敦盛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「泣く泣く首をぞ回転蹴る。」
平敦盛 について、熊谷次郎直実

平 敦盛(たいら の あつもり 1169-1184)は、平安時代末期の武将であり、平家あっちゃんであった。しかし、位階は従五位下で官職にはついておらず、無官大夫と称された為、センターとは程遠い存在であった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平敦盛」の項目を執筆しています。

生涯[編集]

笛の名手であり、祖父平忠盛鳥羽院より賜った『小枝』(または『青葉』)という笛を譲り受ける。笛を吹く度に「我、今笛を通じて間接キスをしている。(現代語訳)」と思っていたとか。このように、笛が得意という意味では一芸に秀でてはいたが、平家物語中心人物として語られるのは一ノ谷の戦いの節のみであった。

一ノ谷の戦いでの彼の最期[編集]

平家一門として17歳で一ノ谷の戦いに参加。センターだったかどうかはともかく。源氏側の奇襲を受け、平氏側が劣勢になると、騎馬で海上の船に逃げようとしたが、敗走する際に大事な笛を忘れた為取りに戻る。笛を愛する故の行為か、若さ故の過ちかはともかく、結果として退避の為に用意された舟に乗り遅れてしまう。敦盛は遥か沖の船を目指し馬を飛ばす。

一方、源氏の武将、熊谷次郎直実は一の谷の戦では未だ大した手柄は無く無念と思っていた所へ逃げる敦盛が目にはいった。敵将を探していた矢先に良いカモを見つけて「しめた」と思った彼は、「敵に後ろを見せるのは卑怯でありましょう、お戻りなされ」と呼び止める。

初めは無視を決め込んでいた敦盛に対して、「ならば矢を放つ」と直実は脅迫。敦盛は矢で射られるくらいならと覚悟を決め、勝負を受ける。敦盛が取って返すと、取っ組み合いとなったが、結果は老練な直実の勝ち。直実は敦盛を馬から組み落とし、首を斬ろうと甲を上げたが、顔を“よく”見ると化粧をしており、14~5歳ほどの若武者であった。我が子直家と同じ年頃の美しい若者の顔を見て躊躇する

息子と同世代と見られる敦盛を殺めるのにはあまりに勿体のなさと後ろめたさを感じた直実は彼を助けようと名を尋ねるが、敦盛は「お前のためには良い敵だ、名乗らずとも首を取って人に尋ねよ。すみやかに首を取れ」と答えた。直実は最初、「お前の為には~、が名前かな?」と思ったが、いろいろな思いが交錯して、思考停止状態になる。

折角、組み伏せたはず敵将の頸を刈ろうとしない直実の姿を見て源氏の諸将も訝しんだのか、背後にせまる仲間達に気がつきようやく正気を取り戻した直実に異心が起こった。「やっぱ、折角の手柄なんだから討ち取ってしまえ」と。ようやく覚悟を決め直実はその日初めての獲物を捕った喜びに嬉し涙ながらに敦盛の首を切った[要出典]

後日談[編集]

物語では直実は無常観を感じ出家すると記述があるが、実際は所領争いから出家に至った様である。子の熊谷直家も16歳で討死ではなく53歳病没なのだそうだ。夢幻の如くな物語である。ちなみに、直実は父直貞の頃に平盛方の子から熊谷家の養子となった為、彼も平氏の血を引いていることになる。裏を知れば知るほど、「無常観」をテーマに描かれた平家物語の世界の中では直実はその後実の弟の追討令を出す源頼朝と同じくらい無情な男だったりする。はたしてこのような男が出家して極楽浄土に逝けたのだろうか。

敦盛をモデルにした作品[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「敦盛 (幸若舞)」の項目を執筆しています。

後に、彼の悲劇を描いた幸若舞や能がつくられた。これらを踊る時は敦盛役はセンターに立てるだろう。織田信長はこの幸若舞を好んで 演じたという。

関連項目[編集]