年次改革要望書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「年次改革要望書」の項目を執筆しています。

『年次改革要望書』(ねんじかいかくようぼうしょ)はの意思を記した書物である。 自由正義を求める各人において、それはそれは背いてはならないである。

概要[編集]

の啓示を正しく受けている預言者らが、世界の自由と正義を守るために、神から与えられたその予言存在を人類言語に翻訳がなされた原本が元である。さらに、日本政府向けへと流通させた文章のことを、特に『年次改革要望書』と読む。 言うまでもなく、これに背くことは神に背くことと同意義であり、背徳者らは唯一神の名のもとに地獄の火の中に投げ込まれるべきである。

内容[編集]

『年次改革要望書』は毎年ごとに発行され、自由と正義とその教えに従うもの達への書である。もともと、この原本は文章として表示できる性質のものではなく、預言者と神との直接的な感覚を表現しようと、支離滅裂な抽象的な文章としてのみ存在する為、過去からの記録と照らし合わせ、蓋然性の高い表現での文章のみが集められた部分のみが現在の文体で文章としての表現がされている。

このように、たくさんの予言は過去からの発掘によってなされている。情報が少なかった過去においては、翻訳できる文章が少なかったものの、近年のグローバル化に伴う情報の蓄積により、加速度的に翻訳ペースは早くなっている。

日本語訳[編集]

日本人を対象した書物とは言え、公式には一般的な言語である英訳のなされた書物のみ存在している。その理由として、この21世紀では日本語しか読めないサルはもはや絶滅されたと考えられており、言語の影響はとても少ないと考えられる為である。また、日本語での表現は原本から格段に劣るようになるために和訳されないというのも大きい。しかしながら、日本語しか読む事のできない辺境の地に住んでいるサル達の為に和訳した文章も、自由と正義の名の下に存在している。

関連書物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

平沼赳夫先生の「年次改革要望書」解説