床運動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「床運動」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

床運動(とこうんどう)とは、その名の通り床(布団或いはベッド)の上で行う運動の事である。

概要[編集]

男女三人組による競技披露

床運動は一人若しくは男女二人一組で行う運動である[1]。単独の場合摩擦運動掘削運動などがメインとなるが、組の場合は平均技や静止技・回転技など様々な技を駆使して高得点を狙うことになる。

組技では体力に勝る男性側が支えになる事が多いが、どちらが上になるかは技の組み合わせで決まる。どちらにせよ腰への負荷が大きいため、床運動は長時間連続して行うのは推奨されていない。また、運動時にサポーターを使用しない場合は腰だけでなく腹部への長期間負荷が発生する可能性が高い。

競技教習ビデオではアクロバットな魅せる動きが良く見られる[2]が、そういったダイナミックなものばかりが床運動ではない[要出典]。身体への負担と相手の機嫌を考慮して技を組むのが上達の秘訣と言えるだろう。

様々な組技[編集]

平均技
姿勢を一定に保った姿勢で両者が接触する技。直立したまま片方の脚を持ち上げてY字にして交差したり、高度なバランス感覚を求める技が多い。
力技
相手を持ち上げて静止する技。持ち上げて腰の辺りで静止したりブレンバスターのように上下逆さまになったりする豪快なスタイルがウリだが、腕力がとにかく求められる。
寝技
片方が横になった状態で行う技。このまま上から覆い被さるようにするのが床運動の基本であり、「正常位」とも呼ばれる。また逆になって被さったり顔に腰かけたりとバリエーションは多い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 同性同士の組や多人数の組もあり、その場合しか行われない技も存在する。
  2. ^ 使用される技の難度は総じて高く、素人が真似するのは危険である。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「床運動」は何故か「四十八手」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。