弘前市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弘前市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「弘前市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「弘前市」の項目を執筆しています。

弘前市(ひろさきし)とは、日本東北青森県にある都市である。元の地名は鷹岡だが、明智光秀こと天海が弘前と名付けた。江戸時代に津軽地方を支配していたのが弘前藩だった伝統で、津軽地方の中心都市に当たるが、隣につがる市が出来てしまい「い、いや別にいいんですけど。」と、どことなく腑に落ちない感じはある。

地理[編集]

青森の地図を描いてみて一番個性が感じられないところ。津軽の中心にもかかわらず、青森県で唯一フジテレビ系県外系列局の漏れ電波が届かない情報過疎地である。ヘタすると、青森親局からのテレビ電波すら電波妨害が入ってきれいに映らない。岩木山を市内から望むことができるが一番いい眺望で見られるのは城西大橋から見るのが一番綺麗に映る。あと、弘前公園の桜と富士山のツーショットも綺麗。

歴史[編集]

とにかく田舎なので食う・寝る・ヤるという事が縄文時代からローテーションで行われてきた。今でも山間部では原始の暮らしが観れる。

「青森県の歴史」弘前市教育委員会編[編集]

1870年頃、愚かにも旧態依然とした幕府側に回った東北諸藩の中で、賢明なる弘前藩は新政府側に立つと宣言した。横暴にも八戸藩は弘前藩を侵略しようとしていたので、これを思いとどまらせるには先制攻撃を加える必要があり、若干の攻撃をした。南部は弱かったので降伏した。弘前藩としては貧乏な南部の領地には関心が無かったが、どうしても引き取って欲しいという中央政府の要望に応えて併合した。会津の流刑者があふれる下北半島も不本意ながら統治することになった。県庁は弘前に置くのが当然であるのだが、哀れな南部の人々に配慮して県の中間地点ということで青森に県庁を設置した。

中世[編集]

もともと岩手県の大名・南部家の家臣で、現在の弘前市五代の大浦城主であった大浦為信(津軽為信)はバイオレンスで周辺の南部領を制圧し、北畠親房の自称子孫を名乗る浪岡北畠家も討ち滅ぼして津軽地方一帯に勢力を拡大。その頃、豊臣秀吉が天下統一を進めていると知ると、為信は南部家の妨害をはねのけて、いち早く秀吉と愉快な仲間達に上手く接近して気に入られ、南部家が歯軋りする中で独立した大名と認められた。江戸時代に入ると石田三成の息子と娘を密かに匿うハイリスクを冒すも罪に問われず、独立大名の地位は引き継がれ、弘前城と城下町を築いた。ただ旧主・南部家との対立は時間を経ても沈静化するどころか、度々紛争を起こして険悪化していった。

なお現在は、どこの会社も役所も当たり前のように業務日誌をつけているが、その原点の1つは弘前藩が200年間、江戸藩邸と弘前城で毎日、業務日誌をつけ続けていたことによる。

近代[編集]

日露戦争の前線基地になり、当時最新鋭であった一輪車でここから多くの兵士が出征した。それ以来、極東の要として市民は一輪車の訓練を怠らない。軍靴はそこまで来ている!

文化[編集]

主食はりんご。生で食べたり、ピューレにしてパンに挟んで食べたり・天ぷらの衣をつけて揚げて食べたりする。

なお、毎月5日はわら人形にみかん(特に愛媛県産)を入れ釘で打つ日とされている。みかんがよく採れる方面から弘前市に移住している人はその日はお隣の黒石市役所の核シェルターに避難している。

商業施設[編集]

  • イトーヨーカドー -学生共の溜まり場
  • 中三 -いつ潰れるかわからない状況に...
  • さくら野百貨店 -中三よりは繁盛してる
  • イオンタウン弘前樋ノ口 -行くのは西部の岩木地区民と近所だけ
  • 弘炉ヒロロ コチラは暇人の溜まり場。ダイエー→ジョッパル→しばらく閉店してできた。中に、暇人が一日中過ごせる施設がそろっている

関連項目[編集]

この項目「弘前市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)