後藤浩輝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「後藤浩輝」の項目を執筆しています。

後藤 浩輝(ごとう ひろき、1974年3月19日 - 2015年2月26日)は、現代日本だったベイベー。晩年は関東を中心に浪士として活躍していた。

経歴[編集]

相模国に生まれる。少年時代から空手体操を習っており、それらによって反射神経や瞬時の判断力が身につけたことが現在の侍という職務につながっている。

剣の世界にコネは特になかったが1992年美浦の伊藤正徳を主君として侍になる。しかし1995年に主君である伊藤との確執により浪人となり翌年にはアメリカ合衆国に武者修行の旅に出る。アメリカで多くの猛者たちと試合を繰り広げた後藤は帰国した1997年以降凄腕の剣豪として名を馳せ、翌1998年には関東で10本の指に入る侍として知られることとなる。こうして日本で指折りの剣豪となったのちも2002年にもイギリスに武者修行の旅に出るなど、後藤の剣の道の探究は未だ続いているのである。

若駒寮の戦い[編集]

1999年8月19日、若駒寮において後輩剣士吉田豊と試合を行い、一方的な強さを見せ勝利する。後に木刀事件とも呼ばれるこの試合は、後藤の侍としての名を高めることとなった。しかしその代償は大きく、左翼ゲリラ武装組織であるJRAに4ヶ月の間身柄を拘束される

1999年8月19日 ○後藤浩輝 - 吉田豊× 10分52秒 決まり手:二重の極み

その他の主な試合[編集]

謎の中年男性
後藤が遠征していた新潟において突如乱入し、後藤を罵倒したのち殴りかかる。剣豪として名を挙げたごとに対する道場破りの類であると思われ、当然撃退されている。
1999年5月4日 ×謎の中年男性 - 後藤浩輝○ 1分04秒 決まり手:いあいぎり
高市圭二
前日に後藤が彼について言及したことに端を発する。この事を自分に対する責めであると感じた高市がいきなりぶん殴ったことにより、急遽試合が執り行われた。
2000年5月7日 ×高市圭二 - 後藤浩輝○ 3分21秒 決まり手:まじんぎり
谷原義明
無茶な作戦を無視した為、激昂した谷原が手に持っていたレーシングプログラムを刀にして襲い掛かった。しかしこれも当然撃退。
2006年5月14日 ×谷原義明 - 後藤浩輝○ 0分17秒 決まり手:刀狩

人物[編集]

  • 日本の侍の心を忘れぬ男であり、インタビューを受ける際も神風と書かれたハチマキなどを着用し現れる。この事は軍国主義を連想させるとして賛否両論があるが、侍としての魂は評価されている。
  • 侍の世界は親族もまた侍であることが多いが彼にはそれがなかった。また、アメリカにも修行に行った際もまったくコネもなく、これについて後藤は「僕の場合は刀で道を切り開くしかないと思っていた」と述べている。
  • 仲間の侍たちとともにグループを組み歌手としての活動も行っている。

関連項目[編集]